teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ももくり様へ

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 5月 1日(火)23時09分38秒
  ももくり様、メールでのご返事をありがとうございました。
ただ、返信の形でこちらからもメールをお送りしたのですが、エラーメッセージが出てしまい送信できませんでした。
恐れ入りますが、受信設定等の不都合がないかどうかご確認をお願いいたします。
 
 

コロムビアレーベル以外での録音

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 4月27日(金)21時10分53秒
編集済
  現時点で判明している、中野忠晴のコロムビアレーベル以外での録音は以下の4つです。

1.タイヘイレコードで昭和8年の末頃に、”水田潔”、”牧忠夫”の名で発売されたもの
2.コロムビアでデビューする以前(音楽学校時代)にトンボ印のニッポンレコードで録音したもの(本名の中野忠晴名義)
3.昭和8年ごろ、オーゴンレーベルから”佐藤弘”の名で発売されたもの
4.昭和27年、キングレコードで”ヤング中野”の名で発売された、「山小舎に月が登れば/アリゾナのバンジョー弾き」、録音はしたものの発売されなかった「青春は口笛に乗って」

オーゴンレーベル=トンボ印のニッポンレコードのものなので、佐藤弘名義の録音は、中野が音楽学校時代にニッポンレコードで発売したものの焼き回しではないかと、私は推測しています。
オーゴンレーベルが誕生したのは昭和8年という、既に中野がコロムビアの専属になった後のことなので、本名の中野忠晴のまま発売してしまうと障害が生じてしまうので、”佐藤弘”としたのではないでしょうか。
あるいは、タイヘイレコードと同様に、コロムビアの専属時代に併行してアルバイト吹込みしたのかもしれません。

「月形半平太」の件は非常に惜しかったですね。
おそらく、音楽学校時代のレコードだと思います。
藤村一郎というのは楠木繁夫の変名でして、彼は大変多彩な変名を持っています。
”中野忠夫”という変名も彼は使っているようですが、私はまだ実物は見たことがありません。
 

月形半平太のレコード。

 投稿者:ももくり  投稿日:2007年 4月25日(水)22時28分35秒
  残念ながら中野のマイナーレーベルでの録音は聞いたことがありません。マイナー盤の現存数が極めて少ない上、資料が無く現存していても高価で中々入手できないのが理由です。(あくまで私の理由ですが)ただ2年前に岩手に行った際、ある古道具店でオーゴンレコードの時代劇の組み物レコードを見た事があります。タイトルは「月形半平太」で、そのうちの1枚の片面のみに中野忠晴の名が記されておりました。私はそれが信じられず購入はしなかったのですが、その後に近藤さんのサイトを見て中野忠晴のオーゴン吹き込み一覧に該当する曲があったので、買わなかったことに後悔した次第です。もっともその頃はまだパソコンが家に無かっただけですけどね。昭和7.8年頃のマイナーレコードは、既存の人気歌手の名前に似た紛らわしい芸名を吹き込みに来た歌手達に付けていました。(例・・藤山一郎に似せて藤村一郎とか・・)なので例の「月形半平太」も(まさか・・)と思い遠慮したわけです。中野の話題よりも自分の話になってしまいました・・。私も中野忠晴が出入りしたレーベルをあれこれ調べてみようかと思います。力不足にて失礼致しました。  

中野忠晴の変名

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 4月23日(月)22時47分22秒
編集済
  どうもご情報ありがとうございます。
牧忠夫の件は、実は別の方からメールで情報をいただいたことがありまして、既に小耳に挟んでおります。
その情報を教えてくださった方の話によると、竹岡信幸と中野は友人関係で、頼まれてアルバイト吹込みをしたそうです。
ちょうど昭和8年の末頃に牧忠夫と水田潔の2つの変名で集中して吹き込みをしているようでして、「山の人気者」が発売された頃と時期的に一致します。

ももくり様もよくご存知ですね。
私も「ビルの窓辺に」と「貴方と妾は相性ね」の音源は持っていますが、メロディーの一部が流用されているということまでは気がつきませんでした。

また、同じく昭和8年頃のオーゴンレーベルのレコードに、佐藤弘という人物がいくつか歌を吹き込んでいるのですが、これも中野忠晴であるという説も流れています。
私が知っている限りでは、「船は帆まかせ」という曲と「離れ小島」という曲を吹き込んでいました。
実際に音源を聞いてみても、中野忠晴の声そっくりでした。
これに関しての詳細も、ご存知でしたら是非お教えください。
 

「ビルの窓辺に」の作曲者。

 投稿者:ももくり  投稿日:2007年 4月22日(日)21時35分6秒
  こちらこそ恐縮です。さて中野忠晴が一時期、関西のタイヘイレコードで「牧忠男」の芸名で何曲か録音していたという事実は、SP流行歌ファンの間ではたまに話題になるそうです。近藤さんが作成されたリストにも、書かれておりますがタイヘイで吹き込まれた「ビルの窓辺に」の作曲者、穴田文雄は後のコロムビア専属作曲家竹岡信幸である、という資料を以前どこかで見た事があるのです。彼は「赤城の子守唄」や「シナの夜」等で知られております。私の手元のレコードにはキング専属時に発売された「貴方と私は相性ね」(丸山和歌子、二村定一唄)と、例のタイヘイ発売、「穴田文雄」名義の「カンカン帽子」(大山利夫=楠木繁夫唄)が有り、早速聞き比べますとメロディの一部が流用されています。竹岡は昭和9年末にコロムビアに入社しましたが何故か中野忠晴とはあまり組まなかったようで、私が知る限りは「ギターで唄えば」と二葉あき子共演の「青春二重奏」しか見当たりません(他にもあるかも知れませんが・・・)。少し中野忠晴とはかけ離れましたが、少しでもお役立ていただければ幸いと思い、書き込みましたた。拙文にて失礼致します。  

ありがとうございます。

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 4月18日(水)22時37分38秒
  お褒めいただき、恐縮です。
実際、私がやったことは大したことではないと思いますよ。
ただ、誰も今までに中野忠晴という題材に取り組もうとしなかったというだけの話で、その気になればこの程度の研究は誰でもが行なえると思いますし。
逆に言えば、今まで誰も目をつけなかったことに注目して徹底的に取り組んだということに意義があると、自分では思っています。
もっとも個人的には、趣味の延長を行なったら大学を卒業できたという点でも、中野忠晴という題材には感謝しております。(笑)

「山の人気者」と「ミルク色だよ」を割ってしまわれたとのこと、残念ですね。
ただ、「山の人気者」に関しては、ヤフオクで時々出品されていますから、入手するのは困難ではないと思います。
「ミルク色だよ」に関しては、この前ヤフオクに出品されていたので入札したのですが、他に誰も入札する人がいなく、安い開始価格で落札できてしまったので唖然としました。
ですので、この盤もさほど希少でないのかなと思いました。
個人的には、ももくりさんがお持ちだという、コロムビア・アイキー・コルテット、ミッキー・フォアーの盤の方が数倍希少だと思いますよ。

最後に、ご協力のお申し出もありがとうございます。
具体的な事に関しましては、私のメールアドレスlavian@estate.ocn.ne.jpまでお気軽にメールをください。
 

改めまして・・・。

 投稿者:ももくり  投稿日:2007年 4月18日(水)21時09分52秒
  中野忠晴という、一人の歌手についての資料をここまで作成された近藤氏には誠に感嘆、敬服する次第です。私が言うまでも有りませんが彼の歌を聴く事が出来るアルバムはごく僅かしか存在しておりません。彼の作曲したメロディは三橋美智也等のCDで聞くことは出来ますが、歌手中野忠晴について触れたものはCDであれ書籍であれ僅少です。なのでこの研究を進めるにあたって大変な苦労をなされたのではないかと思います。誠に有難う御座いました。私も、もし機会があれば手元の音源を提供するなどして中野忠晴の音源文化復刻に協力したいと思っております。因みに私が初めて聞いた中野忠晴の歌は「山の人気者」と「ミルク色だよ」でした。確かNHKのラジオでした。この2曲のSP盤も以前持っておりましたが、不幸にも2枚とも落として割ってしまいました・・・。残念な限りです。  

(無題)

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 4月14日(土)21時17分42秒
  私はこちらの通り、「牧場/山の神」しか音源は持っておりません。
4枚もお持ちだったとは、羨ましい限りです。
「ポリドール・ラッキー・ボーイズ」の「酒呑みの唄」は、ダイセルのCDに収録されているので聞いたことがありますよ。
 

懐かしの針音を聞きながら・・・。

 投稿者:ももくり  投稿日:2007年 4月14日(土)20時45分7秒
  久しぶりに手元のSPレコードを聞いておりましたら、リズムボーイズの前身、「アイキーカルテット」及び「ミッキーフォアー」名義のレコードが4枚出てきました。もう何年も前に買った物で再生してみますと、当時とは思えない程のダイナミックな歌い方をしておりますね。ただのコーラスに終わっていない所は流石です。特に「ディキシーランド」「猫騒動」は白眉ものの出来だと思います。同時期に「ポリドール・ラッキー・ボーイズ」というグループがいて、「酒のみの唄」を出しています。このレコードも手元にあるので聞きましたが普通のコーラスといった出来でした。アイキーカルテットのレコードは何曲かは、アカペラで歌われています。そういえば何年か前にゴスペラーズが出てきた時は「彼らこそリズムボーイズの再来だと思いました。長々と失礼しました。  

ビッグショー

 投稿者:T.Serisawa  投稿日:2007年 4月11日(水)18時28分11秒
  BS蔵出しエンターテイメントのビッグショーは、全部みていますが、
ときによって当たりはずれはありますが、おおむね内容はよいです。
特によかったのは、藤田まさと特集とディックミネ特集。

服部良一の日は、1月だったと思いますが、それは録画を逃したので、
記憶だけになります。雪村いづみ、佐良直美がメインで、藤山一郎、
淡谷のり子はゲストっぽくでていました。ダークダックスか、デューク
エイセスかどっちかがでていました。曲目で中野関係があったかは、
思いだせない。まァ、私自身の好みもありますが、いちばんよかったのは
70年代の雪村いづみが見れたことです。

http://serisawa.cocolog-nifty.com/blog/

 

ジャズワールド

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 4月10日(火)22時29分22秒
  先月に引き続き、「ジャズワールド」4月号にて拙稿が紹介されました。
スキャンした記事はこちらからどうぞ。
 

服部メロディー

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 4月10日(火)22時21分13秒
  youtubeの画像を紹介してくださり、ありがとうございます。
BSでこの前放映されていたんですね。
オリジナルは1974年ですか。

最近は服部メロディーをリバイバルする人が少なくないですよね。
 

ヘイヘイブギー

 投稿者:T.Serisawa  投稿日:2007年 4月10日(火)12時21分15秒
  なるほど、服部良一100年でしたか。知りませんでしたヨ。
どうりで、ちょっとテレビなどでふだんより服部良一の曲の露出が多いとは
思っていました。特に、グループサウンズのワイルドワンズが、武道館の
コンサートでヘイヘイブギーをやっていまして、ロックバンドがとりあげるのは
珍しいなと思ってたんです。私は、ヘイヘイブギーと蘇州夜曲がいちばん好きです。

先日NHKBSのビッグショーで放映された、服部良一特集のヘイヘイブギー。
雪村いづみです。
http://www.youtube.com/watch?v=TRog5z9ILH0

http://serisawa.cocolog-nifty.com/blog/

 

(無題)

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 4月 7日(土)11時00分0秒
  なるほど。それは思いつきませんでした。
確かに「喫茶店の片隅で」は「小さな喫茶店」の続きかもしれませんね。
中野忠晴が歌っていたら、というのも新鮮な視点です。
 

喫茶店の片隅で

 投稿者:雅治  投稿日:2007年 4月 6日(金)07時40分50秒
  作曲家中野忠晴の名曲「喫茶店の片隅で」は「小さな喫茶店」のその後の情景でしょうか。落ち着いた松島詩子の名唱ですばらしい名曲ですが、ふとこれを中野自身が歌ったらこれもなかなかおしゃれじゃないかと考えました。今の技術でもし可能であれば聞いてみたいですが…無理ですかね。とりとめなくて失礼しました。  

情報有難うございます。

 投稿者:ももくり  投稿日:2007年 4月 4日(水)02時05分1秒
  本当ですか。そうなれば嬉しい限りです。他のサイトでも例えば二村定一のファンサイト等で資料やらレーベル写真が多数紹介されてますが、いくら文章で述べても直に音声を聞かなくてはその魅力は伝わりませんからね・・・。勝手に音源を閲覧者の人達に流せばその時点で著作権法違反になってしまいますから。もしコロムビアの企画が流れたら、ブリッジに期待します。限定盤であれとにかく実現されることを祈っております。私は、中野忠晴こそ「マルチミュージシャンの元祖」だと思っております。因みに今年は、淡谷のり子の生誕100周年でもあるんですね。纏めて出して頂けたら本当に幸いです。改めて、有難う御座いました。  

伝聞ですが。

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 4月 3日(火)21時43分56秒
  ももくり様

中野忠晴の復刻CDですが、コロムビアにおいて、今年の服部良一生誕100周年企画と連動で中野忠晴のジャズ・ソングのみを集めたものを作ろうという企画は挙がっているようです。
ただ、やはりCDを出すからにはある程度売れる見込みがないといけないので、どうなるかは分からないと思います。
 

復刻を望みます。

 投稿者:ももくり  投稿日:2007年 4月 1日(日)21時56分55秒
  中野忠晴が逝去されて32年経ちましたが、それ以降彼をメインにしたレコード、CDは単発アルバムが2~3枚出ただけで誠に残念です。他は「ジャズソング」「軍歌戦時歌謡大全集」「古賀政男大全集」等のオムニバス形式のアルバムに数曲づつ収録されているのみですね。私はこれらの全集は勿論、1993年に出た中野のCDも持っております。これは私にとって宝です。残念だったのは1996年に出た「山田耕筰の遺産」という歌曲アルバム集に、中野忠晴の歌が一曲も入っていないということです。中野のコロムビア入りを勧めたのは山田耕筰ですから収録されて当然だと思いますが・・・。心ある音楽ディレクターや好事家の人達に期待します。中野の歌唱はジャズコーラス、ジャズソングだけに留まらず、流行歌や戦時歌謡、芸術歌曲においても捨て難い魅力があります。長々と失礼致しました。  

Re:中野忠晴のこと。

 投稿者:筆者  投稿日:2007年 3月27日(火)22時19分22秒
  T.Serisawa様

初めまして。管理人です。
ブログで拙稿を取り上げてくださり、ありがとうございます。
また後ほどそちらにコメントをさせていただこうと思います。

「唄えば天国ジャズソング」は読んだことがありますよ。
ただ、記憶があいまいでして、中野忠晴よりも二村定一のことの方が詳しく記述されていたような気がします。
また今度確認してみます。
 

中野忠晴のこと。

 投稿者:T.Serisawa  投稿日:2007年 3月27日(火)02時43分33秒
  はじめまして。千葉県市川市で流行歌とロックののラジオ番組をやっているものです。

自分のブログで、たまたま中野忠晴のことを書こうと思って、ネットで検索してたどりつきました。

私のブログは気楽なエッセイみたいなものなんですが、中野忠晴についてはこのホームページがいちばん詳しいので、リンクをはらせていただきましたことを、お知らせいたします。

中野忠晴については、色川武大著「唄えば天国ジャズソング」に、相当ページをさいて記述されています。文庫にもなっていますし、図書館などもあたれば、それほど探すのは難しくはないと思います。もし、機会があれば、お気にとめていただければさいわいです。

http://serisawa.cocolog-nifty.com/blog/

 

レンタル掲示板
/12