teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. パソコンクラッシュ(>_<)(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:21/9041 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

パーティーの打ち合わせしました。

 投稿者:管理人 iPad 5180  投稿日:2018年 7月 9日(月)13時23分9秒
  通報 編集済
      昨日、編集会議がもたれました。来たる7月22日のパーティーの次第、あいさつをお願いする人を決めるのがメインの目的でした。今回思いのほか欠席が多かったのですが、祝詞の先生方はじめ、お言葉をいただきたい方はいつもより多く、あいさつの時間枠をふだんより多目に設定しました。今回、いつも後半にやっていた群系賞の授賞式はなく、時間も5時までの二時間なので、ちょうどいい按配になったと思います。あいさつの先生方には、近くそのお願いの連絡を入れる予定です。さらに、今回まだ出席が未定の、日程調節中の方々にも、せっかくの機会ですから、出席者一覧(予定)も添えて、ご出席をあらためてお願いしようと思っています。

                             ◯

    会合では、次号(41号)の特集や、これからの本誌のあり方についても協議されました。パーティーの出欠ハガキ以外に、多くの本誌40号への批評・感想などいただきましたので、編集部同人に披露しました(いわゆる学会の先生方や、批評家の方々、有名な方の通信も今回多かったです)。
   次号については、メインの特集の《日本近代文学の終焉》は連載四回目、今回は時期的に昭和8~20年、文学史的には、左翼の崩壊から転向文学、文芸復興、さらに近代の超克などの復古主義、そして戦争文学になります。時代の潮流を各作家・文学作品に見ていこうと思います。さらに、以上にあげた潮流に超然として文学の孤塁を守った作家として堀辰雄、太宰治がいますので、専門家の方など、ご投稿をお願いしたく思います。10月20日締切、12月刊行予定ですが、いつものように、会員の方には特集の具体を含む募集要項を9月頃、お送りの予定です(メール。一部郵送)。
※ 本誌は会員制です。二千円/半期ですが、会費振込みが今回過去最多となりました。中には三千円、五千円、二万円振込みの方もいて感謝です。特徴的なのは大学の教官の方の会員が多いですね。同人誌の方は、互いの雑誌の交換になりますので、会員になる方は少ないです。
    第二特集の《野口存彌と日本近代文学》はその3、になりますが、どれだけの応募があるか、調整してゆきたいと思います。
    今回、第三特集として、《童謡100年》を掲出しようとしていましたが、雨情関係者その他の動向がみえないのと、編集部でも当方以外強い関心がなかったので、この企画は見送りの可能性が強いです。どうしたらよいか、当方も含め専門家が身近にいないので、この板をご覧の皆様から、ご指導賜ればと思っています。

    また、会合で意見が出たものとして、同人誌同士の交流をもっとしようということで、とりあえず、編集部に送られてきている定期同人誌の概要を、各1ページのコラム形式でも、次回から編集部同人五人くらいで手分けして紹介していこうとなりました。本誌は批評がメインの雑誌なので、各同人誌の小説・詩歌を、同人なりのアングルで紹介したいと思います。まだどの同人誌を取り上げるか未定ですが、候補にあがったものは、「風の道」「白雲」「構想」「人物研究」「遠近」「木偶」などの各誌でした。また、編集部に寄せられたご本の書評も鋭意、取り組んでいきたいと思います(「文學界」も「読書人」もやらないなら、うちらがやります!)
   パーティーの人数報告締切は今週の土曜日です。それまでに都合がついた方はよろしく、ご連絡を下さいませ。
     連絡先 : uf2gmpzkmt@i.softbank.jp  ナガノ まで。
 
 
》記事一覧表示

新着順:21/9041 《前のページ | 次のページ》
/9041