teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パソコンクラッシュ(>_<)(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


当方のパソコン、ただいま起動できません。

 投稿者:管理人iPad  投稿日:2017年 5月31日(水)23時37分3秒
編集済
     本日、群系38号を発送しました。執筆者の方も、そうでない一般個人の方も、早ければ、明日木曜日に着くでしょう。中に、群系パーティーのご案内をもれなく入れさせていただきました。7月30日の午後3時から6時半で、場所は、東京新宿区内の出版クラブ会館です。どうぞ、多くの方のご出席をお待ちしています。

   さて、こうした発送のときに、非常に残念なことに、パソコンのアカウントの入力ミスという事態が出来しています。すなわちパスワードが違うということで、パソコンを起動できないのです。昨晩から何度も入れ直して試してみましたが、ダメでした。メールを下さったかたも、そういうわけで内容を確認できません。
  現在のこれは、iPad miniからの通信です。何とか遅くないうちに復旧させるようやってみますので、ご了承下さい。

  ご連絡の方は、当面このiPad用のメルアド、すわち、以下のGメールにお願いします。

     snaganoyf@gmail.com
 
 

衝撃?

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月31日(水)18時36分53秒
編集済
  治療が始まる頃、母と妹はポカン。血液のがん?何それ?

薬学生になっていた姪(妹の長女)には衝撃だったそうです。
物心つかない頃から、妹夫婦に連れられ、私のところに遊びに
きていましたから。「おっちゃん、死んじゃうの?」と泣いて
いたそうな。

泣くことは何もないよ。
おっちゃんはね。いつもと少し違う外出を楽しんでくるだけ。
何も心配はないよ。

ほらね。戻ってきたやろう。
 

宗教的感覚

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月31日(水)17時02分42秒
  異変がみつかったのは二年前の六月二日でしたから、
がんとの付き合いはそろそろ満二年。三年目に入ります。

昔からの癖なのですが、生きているということも死ぬかもしれない
ということも「わたし」という根拠のないこだわりが生み出した幻
なのではなかろうか、幻を生み出す根っ子になっているわからない
何かへの執着をできるだけ掘り崩してみよう、まずはここから、と
なってしまうのでした。

いつしか痛みとの区別はなくなり、やわらかく暖かな光に包まれ
光に手を合わせていることに気づきます。平安そのもの。
次の瞬間には元通り。痛いのはやはり痛い。痛いのは痛いのだから、
つべこべ言わず、静かに辛抱するのがよし。「辛抱を楽しもう」と
落ち着くと、なぜか訪れてくる平安。

治療中、痛みが激しかった一ヶ月間は、往復作業の繰り返しでした。

自らによる救済への意志が出発点ではありますが、結果論的に振り
返ると、絶対他力による救済そのものでもあったのかもしれません。

などと言っていますが、今は特に変わりのない平穏な一時。
 

死と宗教

 投稿者:土倉ヒロ子  投稿日:2017年 5月31日(水)14時42分54秒
   皆さまのお心遣い有難く御礼申し上げます。息子は最後まで希望を持っていました。彼の最後の晩餐はお寿司。一巻づつ時間をかけて食していました。肺機能が衰えていましたのですぐに息があがってしまうのです。それでも完食し満足気でした。5月10日、最後の帰宅時のこと。
あくる日、「緩和ケア」病棟にうつり、もう、氷水しか口にできませんでした。

 息子の生命えの執着は激しいものでした。この情熱で、これまでも生きてきたらなんでも実現できていたろうにと思っております。一月早々からの癌との闘いは厳しく辛い日々でしたが、抗がん剤が効かないことがわかると、ありとあらゆる民間療法を試したいと次々に様々な品物が届きました。
 末期がんの療法は、巷にあふれております。糖質、炭水化物抜きの「ケトン食」など、彼の望む通りのものを試してみました。

 私は昨年の肺血栓での入院の時は「母」がたよりでした。もう、十数年も前に亡くなっている母を夜ごと呼びだしては泣き言を言っていました。「母さん、この痛みをなんとかして」。
 眠れぬままにどれほど母と語ったことでしょう。

 息子にとっての私は、多分、そのような存在ではなかったと思いまして、イエスに頼ったのでした。4月12日、「バプテスマ」を受け、少しは苦痛を和らげることができたかと信じます。
 その日以降、牧師は毎日のように病院に通い祈りを捧げてくださいました。

 日本の仏教は、このようなかたちで病人に寄り添うことはありません。葬式仏教とはよくいったもの。最近では若手の住職などが、さまざまな取り組みもなされているようですが、我々の心に届く教えや救いはあるのでしょうか・・・

 キエルケゴールの「死に至る病」が親しく感じられます。
 

土倉様

 投稿者:大堀敏靖  投稿日:2017年 5月31日(水)02時26分17秒
   心よりお悔やみ申し上げます。
 掲示板でご次男さんがお悪いとうかがってから、神仏に毎日手を合わせる習慣のあるわたくしは、土倉さんのご心痛いかばかりかと拝察しつつ、ご次男さんの本復を祈らせていただいておりました。
 薬師寺で写経した折も、祈らせていただきましたが、亡くなられたと知りまして、自分の非力も痛感し残念でなりません。

 私の祖母は身内をなくした中で子供が死んだ時が一番辛かった申しておりました。
 ご心痛は察するに余りあります。

 一つ救いは

>教会で思い描いていたような告別式ができました。不思議と晴れやかな気持ちです。

と書かれていることであります。

 ご次男さんのご遺言の通り、一日でも長生きをされて、文章を綴ってくださることがご次男さんの御霊がもっとも喜ばれることではないかと拝察申し上げます。

                              頓首合掌
 
 

オーディン

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月31日(水)00時35分34秒
編集済
  永野さんは白内障でしたか。

昨年の一月、放射線治療の前、白内障はほぼ必発だから、
半年後には手術が必要になるでしょう、と言われていました。

左眼にはたっぷりの放射線。潰れるのかな?
髪の毛がなくなっていたため、頭にはチューリップハット。
付け髭で顔を覆ってしまうと、オーディン?

半年たっても変わらず、一年たっても変わらず。
白内障の発症率は95%ですから、5%も残りがあると呑気に
持ち堪えてくれたのかな?

 

闘病というイメージ

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月30日(火)23時11分0秒
  病との営みはそれぞれとしか言いようがありません。
同じ病気であっても、全く違う経過を辿るのは、ごく普通のこと。

症状が残って続く場合は、世間一般の闘病イメージに合いますが、
病気が寛解して症状が全くなくなってしまうと、病前と変わらぬ
日常を楽しむのが闘病生活ということになるのでした。

どこが病気なの?と言われそうですが、模擬的に仕事の状況を
再現してみると、病気の影響は覿面。原発部位だった左眼の奥と
頭が芯から疼き、両足に強い痛みと痺れが出て、全身がおかしい
くらいふらつきます。気力で押そうとしても、三日くらい寝込む
ことになるのがオチ。これがなくなれば、病前の生活に戻れます。

今後の経過は予測がつきませんが、最も警戒が必要なのは病状の
急変でしょう。兆しを鋭敏に察知し、早いうちに対処するため
にも、変わらぬ日々を(穏やかに)楽しみながら、心身の感覚を
素直に保ち続けていく作業が欠かせないのでした。
 

そうでしたか・・・

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月30日(火)21時50分50秒
  何も根拠はありませんが「もしかして亡くなられているのでは?」
と感じていました。申し訳ないのですが、言葉がありません。

広い意味では類病になりますが、身体の一部が削げて消え去っていく
ような感覚が出てくることがあります。二週間前でしたっけ、何かが
身体から離れ遠く去っていく感覚に「あれ?何かあったのかな?」と
思っていたところでした。一週間くらい変な夢ばかり見ていました。

同病であっても経過はそれぞれとなりますが、病や経過を自分で選ぶ
ことはできないのでした。いずれ来る(かのように思っている)死も
そうなのでしょう。
 

急でしたね…。

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 5月30日(火)20時40分17秒
編集済
  所用があって、帰りに途中下車して、また一杯ひっかけてしまいましたが、
下のコメントを読んで、急速に醒めてしまいました。
まだしばらくは、一進一退の闘病の過程があるのかな、と思っていたのですが……。

この板で描かれていた土倉さんのお家は、
文学や音楽の趣味豊かな
とてもいい雰囲気のご家族だと思っていただけに、何とも~。

こういうときは、何を言っても、浮わついた言葉のように思えてしまいます。
ご冥福を――。
 

土倉ヒロ子さんのご次男のこと

 投稿者:管理人 永野悟  投稿日:2017年 5月30日(火)20時16分40秒
編集済
   眼の手術のため、留守にしていました。i
(白内障手術の前段階の、翼状片の切除でした。まぶしかったです)

「群系」38号の発送間際の、二泊三日の入院でしたが、その間にいろいろなメールがきていまし
た。中にはこんな大事なお知らせがありました。メール文をそのまま引用しますね。

    *
 5月16日に二男(39歳)は永眠いたしました。家族が見守る中、苦しみのうちに息をひきとり
ました。見てるのがつらくなるような時間でした。友達に残した父母への遺言は「僕の分も長生き
してくれ」ということでした。教会で思い描いていたような告別式ができました。不思議と晴れや
かな気持ちです。
 私の心境は次号「木偶」に書きました。発行されましたら皆様にお送りいたします。

 熱い夏がきそうな予感。ご自愛くださいませ。


 前から「末期がん」と書いていましたから、母として覚悟の日々だったと思います。われわれ
としては、言葉もありませんが、せめて、皆さんに、ご報告だけはしておこうと、まぶしい視野
のなか、かいておきました。

 

久し振りに飲み過ぎ

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月30日(火)15時33分40秒
編集済
  この一年半ずっと感染症が天敵でした。
予防のため抗生物質を飲み続けてきましたが、昨日で終わって
ほっとしたのか、二年振りにだいぶ飲み過ぎてしまいました。

好ましくないのですが、今回はいいでしょう(苦笑)、明日から
普段のペースに戻すことにしましょう。
 

根保孝栄の住所・メール

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 5月30日(火)12時21分47秒
  ・内密の抗議などある時は、手紙かメールにてお願いします。
この場では書けない内容などは、どうぞ。

  053-0011 苫小牧市末広町1-12-1-920  根保 孝栄

  ・パソコンメール  qqre4xk9k@arrow.ocn.ne.jp

    ・携帯番号ー090ー6212-3122 Eメール 0ap0.71578t163u@ezweb.ne.jp
        
 

告発すること

 投稿者:荻野央  投稿日:2017年 5月30日(火)08時42分21秒
編集済
  ◆国家のリーダー、政権の中枢が或る不可解な出来事に「加担している」ことについて、批判する側とされる側の言い合いだけが続いて、そのまま「お蔵入り」となる日本の政治の怪しさ。先日の「関口宏のサンデー」でも、数名のコメンテイターが「ああ、そういうことがあったね~、となっていくことはあってはならないこと」と言っていたけれども、そういう思いは(いくらNHKを含むマスコミが幕引きを手伝っても)国民にあると思う。
しかしながら日々の現状の展開――森友学園に関する財務省の隠ぺい工作、先の文科省の「実質的な」元トップのよる証言に対する政府と一部オバカなふたつの新聞(右翼です、はっきりと)はなんとか「幕引きを図る」方向へ持ち込もうとしている――は歯がゆいものだ。

◆こういう日々の経緯を見ていて、アメリカの花札大統領に関する疑惑、それもかなり濃い疑惑に対して、司法なりFBIの追求が厳しくなされている。この違いはなんなんだと感じる。下手をすると花札は「弾劾」されかねない(されてもおかしくない)。韓国もそうである。あの国民の怒りのデモの圧力に屈服した。
(ついでに言えばヨーロッパの盟主(イギリスではない)ドイツのメルケル首相をとうとう怒らせてしまった。つまりアメリカ頼みとする欧州の姿勢は消滅した、と宣言したメルケルの怒りは花札のせいだろう)

◆と言うことは、財務省の隠ぺいに対して弁護士やら市民レベルで告発しなくてはならない。検察は動かない。特捜などと嬉しそうに活動する検察のいまの最大の相手は政権ではないかと思ったりする。署名活動するのなら、私は毎日出かけてサインする。腰痛だけどデモだってやる。(歳なんだけどな)
安倍と自民公明ののらりくらりと腑抜けの野合野党とのやりとりでは「ああ、そういうことがあったな」へ行ってしまうことだろう。疑われている自民党が「否」と逃げているままでは前川氏は証人喚問されないのではないかと心配だ。

◆告発するときは告発しないと。籠池氏が刑事訴追を受ける可能性を踏まえて国会で発言したり、前川氏が世間の非難を浴びることを承知で記者会見を開くという、この二人の肝はかなり太いものである。二人は覚悟して「告発している」。しかし「たった二人だけの告発」では司直は動かないようである。情けないことだ。FBI長官も首を傾げるであろう日本の政治疑惑の解明においては、いまだにモンテスキューさんは眠ったままだな、と思う。

 

ハナミズキ

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月30日(火)02時13分44秒
編集済
  ふと目が覚めると、どこか誰か死の話題。

次は四週間後。七月にはハナミズキ・ツアーの予定。
松山のどまんなか。見上げるとクルリン(笑い)

ツアーの終わりは、ハナミズキ通りを日暮れ時に南下と
なります。古川ICをくぐると、松山ICはすぐそこ。
東に向かうか南に戻るか。東に向かっても讃岐のうどん屋は
閉まっているしね。大人しく南に戻りましょう。

ここでしか検査に使う放射性試薬を用意できませんから、
通い慣れた道。四回目。いつの間にか常連になっていた
みたい(再検査となる前に、ほとんどの人は去っていた
のですね)ほとりは味わいがあっていいものです。

ハナミズキ 一青窈
https://www.youtube.com/watch?v=73w8J-o9614

よくわからない歌でした。
何かあるたびに「終わりますように」などと曲調が不可解。
9.11への追悼歌だったのですね。
 

……とうとう、死んだ

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 5月30日(火)01時21分42秒
編集済
  ブレジンスキー、
死んだようですね。89歳。
この板では、この人物のことを「大審問官」の比喩で語ったこともあるので、
目出度い限りです。
人呼んで、NWOの黒い法王(Black Pope)

な~にが、テクネトロニックだ、地政学だ。
FEMA収容所の発案は、「人道に対する罪」そのものじゃないのか。
プーチン戦略に、こっぴどく、恥かかされたまま、負け戦の中で、死んだわけ……だな。

~ユダヤ系ポーランド貴族の末裔よ。
あんたのガクモンも、壮大な中東戦略も、すべて、無駄だった。
知り合いに呼ばれて、下北沢の行きつけの店で、軽く、一杯やってきましたが、
今日はとりわけ、酒が美味いゾ。







 

アイスクリームとオジサン

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月29日(月)19時37分13秒
編集済
  今日は真夏日。恒例の志津川日帰りツアー。高速道路を
時速100km/hくらいでゆっくり往復。

予約時刻の一時間前に採血。待っていると少し眠くなる。

今日で一年半余り続いた感染症警戒警報が解除となった。
昨年十一月、大歩危にお邪魔した時は警戒警報中だった。

いつものサービスエリアで遅めの昼食。
缶コーヒーを片手に一服。花壇に腰かけたオジサンが三人。
アイスクリームを舐りながら騒がしい。
三人ともいい年なんだし、もう少しエレガントにした方が
いいのかもしれないね。余計なお世話だけど。

花と小父さん 伊東きよ子
https://www.youtube.com/watch?v=hXfq01_QgKQ

余談:オジサンやオジイサンで目に付くのは身だしなみ。
変に洒落た方を見かけると違和感。不潔な方を見かけると
異質感。身なりがきちんとしている方には安心感。

私も、気を付けないと周囲に変な感じを与えてしまう歳に
なったというだけのことですが・・・(笑い)
 

ありがちな近未来

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 5月29日(月)18時43分35秒
編集済
  ■Bitches Brew、レコードで持ってます。
ときどき聴きたくなりますね、マイルスは。
でも、引っ越しのときに段ボールに押し込んで、そのままだから、
たぶん歪んでいる…。
ほんとは、近所に"レコードもかけてくれるジャズバー"みたいなのがあるといいんだがなァ。
やはり音の厚みが違うんですよね、CDのシャカシャカ音とは。


                *



       ~いかにも、ありがちな近未来~

田中龍作ジャーナルより
【“前次官逮捕” の悪夢 歴史は繰り返されるのか】
http://tanakaryusaku.jp/2017/05/00015927

> 大衆は、政治不正よりもスキャンダルに反応する。下ネタはなおさらだ。
 「総理のご意向」メモが本物であるという動かぬ証拠が出れば、安倍首相は窮地に追い込まれる。
 繰り出す手は「問題のすり替え」だ。前次官のもっとエゲツないスキャンダルを出してくることも
 十分予想される。
 風俗は警察の縄張りだ。「援交」「少女買春」・・・どんなデッチ上げだってできる。
 警察庁出身の官房副長官は、前次官が新宿の風俗店に出入りする写真を見せ
「こういう所に出入りしているらしいじゃないか」と脅した。
 副長官は新たなネタを用意しているはずだ。国民の関心をそちらに振っておいて、前次官を
 国家公務員法(守秘義務)違反で逮捕することもできる。
 佐藤栄作首相は安倍首相の大叔父である。DNAが作用すれば、歴史は繰り返される。


■追い詰められて何をしでかすわかわからない現政権。
ニセの被害者でも何でもでっちあげて、前川氏を「人格破壊」したあげく、
何とか証人喚問に出さない工作を謀る可能性も。
「文科省トップによる、未成年買春!」
十分あるんじゃないですか、このシナリオ。

例の植草一秀パターンで、提灯持ち記者に書きまくらせて、社会的に抹殺。
今週あたり、とつぜん、湾岸戦争のときの和製ライラちゃんみたいなのが出てきて、
テレビカメラの前で、泣きじゃくってみせたりして(笑)。
もちろん、未成年の少女とかいうことで、顔面はボカしてあるし、音声も変えてあるから、
劇団ひまわりとか、いろはの卒業生がやっても、大丈夫。
「被害者」は決して特定されず、匿名のまま、永久に表に出なくてもいいいから、
印象操作は、やった者勝ち。

そんで、街頭インタビュー 「前川さんて、そんな人だとは、思わなかった」
             「もーォ、裏切られた気持ちです」
             「なにを信じていいかわからない」

                   ↑ こいつらも、サクラだったりして。


~田中龍作氏、
前川記者会見のときには、まっさきに質問してましたね。
応援したいジャーナリストの一人です。


【夜間高校、無償でボランティア】
http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/432.html

 

ウフフッ

 投稿者:荻野央  投稿日:2017年 5月29日(月)11時23分21秒
編集済
  いいですねえ、「猛牛警報」。
ゲリラ豪雨警報も出してほしいところです。

猛牛→闘牛→スペイン。
“Spanish Key”はどうでしょうか?
https://youtu.be/ibanLlREjTk

Miles Davisの名作”Bitches Brew”(1969)に納められた快作です。
ちょっと長いですが・・・。
 

フェアな議論を

 投稿者:大堀敏靖  投稿日:2017年 5月29日(月)11時20分39秒
編集済
   テロ等準備罪法案は、国際組織犯罪防止条約の批准のために必要な国内法として提案されたものであって、この条約は世界187の国と地域が批准しており、先進国でまだなのは日本のみであります。

 オリンピックも開催されることから不測の事態が起こってはならず万全の備えで望まなければならないということで急いでいるものを、「治安維持法の再来」とか「監視国家」だとかネガティブも甚だしくありませんか。
 だいたい治安維持法のときとは時代背景と憲法が異なっております。

 いくら改憲を主張しているとはいえ、拷問を許容するような非人権憲法に変えられるとは思われません。
 また治安維持法が発動していたのは戦時下であり、非常時には勝手や呑気は咎められるのは止むをえないことです。

 だいたい、国民を監視して権力は何をしようとおっしゃるのでしょう?
 どこかの国と戦争をしてどこかに侵略しようとしているということでしょうか?
それが果たして権力者にとってどういう結果になるとおっしゃるのか、教えていただきたいものです。

https://www.youtube.com/watch?v=eVYv1xx1-TI




 加計学園の問題は獣医学部を52年間も新設してこなかった既得権益を岩盤規制としてそれを突き崩すために民主党鳩山政権のときから取り組んできたことで、それを成し遂げた途端、不公平だとか政治の歪みだとイチャモンをつけられていますが、違法性はどこにもないということです。

 安倍政権の足をひっぱり、ブリーフと共に政権の座から引きずりおろしたいだけの話で、鳩山政権がやっていたら黙っていたものをワーワー騒いで、実際に歌舞伎町のバーの女の子とホテルまで行った文部官僚に反安倍ということでそこまで肩入れするのは気持ち悪いです。
 「実地調査だ」と弁明しているとき汗が噴き出ていました。
 教育関係の人間は現場を押さえられたらそういうしかありません。

https://www.youtube.com/watch?v=JdQuPbTJyMA

 だいたい、寺脇研氏というのは、ゆとり教育を推進した確信犯的張本人ですし、青山理氏は「日本会議の正体」を書いてわたくしの先輩を貶めたジャーナリストで、言うことは反日、反自民、=朝日新聞そのものですから、わたしは疑っております。

>最近、こういう骨のある役人

気骨あるなら在任中に言ってください。(十分言える立場であったようです)
辞めさせられてから「実は」などと言うのは武士ではありません。

https://www.youtube.com/watch?v=bWqy0v6haTs

敵の敵は味方ということで、元文部官僚を異様なまでに持ち上げていらっしゃいますが、反安倍はベタ褒めで、親安倍は糞みそに貶すというのはフェアではありませんネ。
 

猛牛警報

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月28日(日)20時04分39秒
  夕食の準備をしていたら防災ラジオから緊急放送。警察署より。

闘牛場から体重900kgの牛が逃げ出して逃亡中、人を見ると突進してくる
おそれあり、十分に警戒を、とのこと。

再来月には和霊大祭。闘牛が開催されますから、準備にとりかかった
ばかりだったのかもしれません。

一時間後、再び防災ラジオよりアナウンス。
逃亡中の牛は無事保護されたとのこと。「これで猛牛警報を終わります」

平成29年 宇和島闘牛 春場所 横綱戦
https://www.youtube.com/watch?v=NiFF832scYk

宇和島ならではの警報ということにしておきましょう(微笑)

毎週日曜日、防災ラジオから訓練放送が流れてきます。

防災ラジオは市から住民全員に貸し出され、番号は市が管理しています。
南海トラフによる大地震が予想されていますが、仮に何かあった場合は、
防災ラジオ番号を身元確認の一助にできるといった仕組みなのでしょう。
 

レンタル掲示板
/414