teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パソコンクラッシュ(>_<)(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ナニゲに、音楽(邦楽)を…

 投稿者:大堀敏靖  投稿日:2017年 2月 3日(金)12時44分29秒
  【風 はしだのりひことシューベルツ】
https://www.youtube.com/watch?v=ugtGClQLUdQ
 この哲学的、昭和的ダサさ(特に手前の杉田二郎) 好きです。

【さよならをするために ビリー・バンバン】
https://www.youtube.com/watch?v=nQnXRbIKrhQ

【結婚しようよ 吉田拓郎】
http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B5%90%E5%A9%9A%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86%E3%82%88+%E5%90%89%E7%94%B0%E6%8B%93%E9%83%8E&tid=e804358065b4f556e132daa5902d24a0&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1

【京都慕情 渚ゆう子】
https://www.youtube.com/watch?v=Zq81z8iqNBU
 
 

このヒト、いったい、何なんですか??

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 2月 2日(木)19時14分6秒
編集済
  【米インフラ開発に年金資金 GPIFの活用案浮上  東京新聞】
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017020201000817.html
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017013101002122.html
■この人物、できるだけ早く、禁治産者にしてください。
座敷牢にでも、入れたってくらさい。


【公的年金、米インフラに投資 首脳会談で提案へ
  政府、雇用創出へ包括策  2017/2/2 1:31 日本経済新聞 】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H5E_R00C17A2MM8000/
>政府が10日に米ワシントンで開く日米首脳会談で提案する経済協力の原案が1日、明らかになった。
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が米国のインフラ事業に投資することなどを通じ、
米で数十万人の雇用創出につなげる。
対米投資などで米成長に貢献できる考えを伝え、トランプ政権との関係強化につなげる。

■~この脳味噌でんでん男は、「アメリカ・ファースト」の意味を読み違えている。
トランプは、これまで1パーセントのグローバリストや、
多国籍企業の株主たちのコントロール下にあったワシントンD.C.と米国政府を、
米国国民の手に、戻すといっている。
多国籍企業の利益のために、国内製造業や、米国民の生活を破壊するのではなく、
中産階級の雇用を復活させるような、人民のための政府に戻すのだといっている。
(もし、これができなければ、トランプは自分の言葉で、自分の首を絞めることになる)

■これを日本に置き換えれば、「日本国民の生活が第一」という解釈になるはず。
それを、この安倍晋三という男は、自己保身と政権維持のために、
売国的、隷属的な「宗主国・アメリカ様ファースト」と、勝手に卑屈に誤読して
国民の年金資金を、宗主国への貢物にしてしまうつもりらしい。
よその国の雇用創出の手伝いの前に、アンタのやること、たくさんあるんじゃないの?
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/827137919831773185

~キチガイに刃物、安倍に年金資金。
云々を"でんでん"と読み違えたように、他国の大統領のスピーチの真意も、理解できない狂人。
https://twitter.com/_yanocchi0519/status/827197987256299520



《 折々の音楽 ♪ 5》------------------------------------------------

【King Crimson - 21st Century Schizoid Man 】
https://www.youtube.com/watch?v=GkNumV2ZyQ4

■キング・クリムゾン 「21世紀の精神病者」
ある時期、このクリムゾンや、ピンク・フロイドに代表されるプログレッシブ・ロックという
物語性・叙事詩性の強いジャンルが、一世を風靡しましたね。
60年代末~70年代初期でしょうか。
この曲に漂う破壊的な意志には、ベトナム戦争の閉塞感や、政治への絶望感も背景にあるようです。

【In The Court Of The Crimson King 】
https://www.youtube.com/watch?v=ty5iRL8eTsg


 

メールタイトル、訂正です。

 投稿者:管理人 永野悟  投稿日:2017年 2月 2日(木)11時07分7秒
編集済
   たった今、5日・日曜日の合評会の出欠アンケートを同人。会員他に出しました
が、日取りのミスがありましたので、訂正しておきます。<(_ _)>

 ×2月4日(日)の群系合評会 出欠アンケート

 〇2月5日(日)の群系合評会 出欠アンケート
 

ワシントン、ドブさらい中

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 2月 1日(水)23時22分48秒
編集済
  【ドナルド・トランプ Make America Great Again 日本語字幕】
https://www.youtube.com/watch?v=AxaKMc2vWjc

■大統領就任演説よりも、トランプの思想がよくわかる動画です。
アメリカは、いま一種の内乱&情報戦の真最中で、
なかなか、リアルなトランプ現象の実像が、わかりにくいですね。
中流から滑り落ちた多くの白人層や労働者層が、
この新大統領に期待を込めたというところまでは、見えるのだけれども。

■それと、メキシコ国境の「壁」…。
これ、オバマとまったく、逆のことやってますね。
オバマは、何のためやら、ボーダーをどんどんゆるくしていった。
別に、人権派を気取ったわけじゃなくて、いわばソロスの金を使った計画的な移民工学(笑)
(=民族移動操作テロ/移民によるカオスの創造)
この下準備で、米国国内でのテロ、内乱、暴動が、容易に可能になる。

~まったく馬鹿げているように見えて、トランプがやっているのは、
大統領就任直後を狙ってアメリカを不安定化させようとするグローバリスト連中の"移民テロ"への防波堤作りか。
現在のヨーロッパを無秩序化した移民問題に、アメリカ合衆国をも、引きずり込もうとする
NWOグローバリスト残党のソロス、ヒラリー、オバマらの謀略を、
事前に阻止しようという先制攻撃の可能性も?

実際、ドイツのメルケルも、フランスのオランドも、
あの荒唐無稽な、シリアISISの混乱が発生しなければ、
決してありえなかったような「移民問題」で、いま、頭を抱えているわけですから。

               *

【藤井厳喜 ワシントンDCのドブさらいを実行】(2017.1.20)
https://www.youtube.com/watch?v=0UKbs9itXXQ


               *

■以下は、日本の高校生が訳しているトランプのTwitterだそうです。
https://twitter.com/donaldtrumpjpn
>「もし報道機関が、私のことを正確に誠実に報道すれば、私がツイートする必要はずっと少なくなるのに。
  残念なことに、そんなことは起こりそうもない。2016年12月5日 」

   ~なんだそーです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



《折々の音楽 ♪ 4》
【Scarborough Fair /Simon & Garfunkel】

https://www.youtube.com/watch?v=He-LXx0dsL4

■どこかケルト的な妖しさと、透明感のあるポエジー。
スカボローの市場に向かう森の小径で、旅人は何者かに囁きかけられる。
~あなたはスカボローフェアにいくのですか。
それなら、かつてこの世で、私が最も愛した女に伝えてください、
「パセリ、セージ、ローズマリー & タイム」
繰り返されるこの謎めいた呪文は、死者を甦らせる不思議な薬草の組み合わせ?
それとも、森の悪霊から身を護るおまじない?

幽冥界を漂うような伝承歌に、ポール・サイモンが、
ベトナム従軍兵士のトラウマを重ね合わせ、一種の反戦歌のニュアンスを加えた…。





 

日本もグローバル化からナショナル化への予算配分を

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 2月 1日(水)13時17分14秒
編集済
  ・安倍晋三内閣はこの五年間で海外援助を民間込みで五十四兆三千万円も成約している。年間ベースで五兆三千億円と自衛隊の年間予算に匹敵する高額である。なぜこれほどの海外援助をしなければならないのか。それは中国の後進国への援助に対抗した意味合いもあるが、米国の海外援助からの撤退に入れ替わった肩代わり援助の戦略の意味合いも強い。

・もちろん、日本の海外援助資金は円借款が主体で、低利融資内容が大半でいずれは返済される性格のものが大半だが、それにしても国力以上の大盤振る舞いだ。もし、この資金の10%でも国内に投資するなら、数年にして国内の少子化対策はフランス並みに実効をあげることになるだろう。

・トランプ新大統領が全面撤退を表明しているtpp関連予算の積み上げは1兆3千億円を予定、このうち2600億円は執行済み。国内の体質強化のための予算だというが、棚上げされている分野に予算を積み上げているのはもったいないこと。無駄に遊んでいる予算を国内の体質改善のため効率的に使ってほしいものだ。
 

トランプ・ストーム

 投稿者:荻野央  投稿日:2017年 2月 1日(水)11時55分54秒
  毎朝テレビとかyahooNewsを見たり読んだりするにつけ、変なことばかりのニュースがある。皮肉な意味で楽しい。隣国の「癇癪の国」との軋轢はどこまでエスカレートするのだろうと興味津々。隣国はともかく、花札大統領の㈱アメリカの「経営」に辣腕をふるうのは不動産王の経験から自信満々なのだろうが、国際政治の観点からかなーり後退して、ロシアと漢字の国レベルまで行くのかなと想像してみる。するととんでもないシナリオが簡単に出てくる。

と、ここまで書いたら気持ちが殺伐となった。
さっぱり売れなかったサイモンとガーファンクルのデビュー・アルバム「水曜の朝、午前3時」に収録された"ベネディクタス"を聴いて穏やかになろう。(なるかな?)

https://youtu.be/GXqENmau7WE

※ガーファンクルが大学の図書館で見つけた讃美歌です。ラテン語で歌う彼らのハーモニーにウットリ。。
 

天然記念物

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 1月31日(火)20時58分8秒
編集済
  闘鶏用の群系じゃなかった軍鶏は国指定の天然記念物らしいですね。
指定は昭和16年。一式戦闘機・隼が制式採用された年。空飛ぶ軍鶏?

何だか・・・ニワトリのジョナサンみたい。

Jonathan Livingston Seagull - Neil Diamond
https://www.youtube.com/watch?v=k028-NETGOQ

こんな本が出てきました。

 

シャモ肉の味とは

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 1月31日(火)20時37分37秒
編集済
  ■「群系」は、「軍鶏」でしょう。
ただ、闘鶏もまた、幻なのか。
何を言っているのか、これまた、わかりませんが。

《折々の音楽 ♪ 3》
【Sound of Silence/Simon & Garfunkel】
https://www.youtube.com/watch?v=cpOxTL1ueDM
 

諸行無常

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 1月31日(火)20時27分47秒
編集済
  大相撲の間垣親方(元小結・時天空)が亡くなりました。
私と同じ病気。病気が見つかったのは同じ頃、治療が長びいていて
気になっていました。
松方弘樹さんも同じ病気(脳リンパ腫というのは、脳の中にできた
悪性リンパ腫。発生部位が違うだけで同じ病気になりますが、脳の
外に発生した場合とは違って、薬も放射線も効果がはっきりしない
ことが多く、平均余命は三ヶ月くらい)でした。

あっけないですね。

今年は酉年。水辺の哲学者にはどう見えるのでしょう。何者なのか?
問いかけると、鋭い鳴き声とともに飛び去るだけ。(鳥の図鑑的には
アオサギになります。)

何を言っているのかわかりませんが、「鷺系」なくして「群系」なし、
ということで・・・本当かな?
 

この鷺は……

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 1月31日(火)20時00分39秒
編集済
  >水辺の哲学者

■この写真、何となくたたずまいとしては、「鷺系」のジャンルの方だとは思うのですが、
彼は何者ですか?
とはいっても、
私は大きめのアオサギとか、
東京近郊の小川にもいる白鷺ぐらいしか、
鷺の種類については、まったく、うといのですが。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《折々の音楽 ♪ 2》

【コンドルは飛んでいく/ サイモン&ガーファンクル】
https://www.youtube.com/watch?v=DD5brKyXaqs

 

「群系」37号(東京都)② 萩野央「桜の木が倒れた日」の掌編の象徴性、稲垣輝美「戦世を超えて」の後編に期待

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 1月31日(火)19時40分33秒
編集済
  ・「関東」に群系の小説につき感想アップしときました・・。  

水辺の哲学者

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 1月31日(火)17時10分53秒
編集済
  トランプ騒動で賑やかですが・・・

今日は晴天。のんびり川沿いを散歩。水辺の哲学者が待っていました。
動く気配は見えませんが、状況を的確に把握していて警戒が緩むことは
ありません。

 

トランプのアメリア中心の保護主義は身勝手すぎるが・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 1月31日(火)15時56分23秒
編集済
  ・世界中がトランプ新大統領に振り回されているみたいだが、あまり心配することはないだろう。そのうち、取り巻きの常識派が軌道修正して、温和な政策に転換するに違いない。トランプはそれほどのバカではないだろう。なぜなら、あの狡猾なクリントンに接戦で勝利したほどの男だ。「ホワイトハウスを解体する」と宣言したトランプ。既存のアメリカの価値観を大転換する野心を隠さないトランプは、これからも物議をかもす言動をとるだろうが、計算ずくのところもあって、注目される。人種差別発言はいただけないにしても、これも計算ずくにちがいない。  

トランプ・シンドローム

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 1月30日(月)20時19分26秒
編集済
  【藤原直哉の「日本と世界にひとこと」】2017年1月14日
『トランプ大統領の登場で何が変わるか』
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2017/01/19-nsp-2017114n.html
>「こちらからダウンロード」
をクリックで音声開始


                        *

■トランプ大統領出現の背景と、今後の流れが語られています。
~主流メディアの表層的なコメントと違って、なかなか面白い。
しかし、この藤原さんだって、一昨年の12月ごろまでは、
「大統領はヒラリーで決まりでしょう」とか、余裕で言っていたわけですからね。

これは、EUの衰退からBREXIT、
プーチン・ロシア参戦によるISISの崩壊、
締めはトランプ大統領の選出と、
昨年がいかに予測のつかない歴史の大転換点だったか、ということですかね。

そこに共通するのは、三十年に渡るグローバリズムと、ネオコン戦争屋のゴリ押し的な無理が祟って、
その大きな反動が、それこそ"グローバル"に起ってしまった、ということか。
その結果、
〈国民国家〉という枠組みが、計画的な破壊の一歩手前で、何とかギリギリで守られた。

~先日、ついに
ウクライナをネオナチ政権へと工作したビクトリア・ヌーランドも、米国国務省から追い出された。
彼女は、ヒラリーの子分で、
ユーロ・マイダン(ユーロ広場)でのデモ隊と警官を同時に狙ったスナイパー乱射で混乱させて、多数の死者を出し、
米ネオコン・シオニストの傀儡として、チョコレート屋のポロシェンコを大統領に、ヤツェニクを首相につけた。
このウクライナ政権も、アーミテージ傀儡政権の日本の安倍のナショナリズムと同じパターンで、
グローバリスト達に操られた、偽の民族派、ネオナチ・ナショナリズムだった。
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1262.html
ヌーランドと一緒にこの工作を行ったネオコンの頭目の一人、ジョン・マケイン上院議員(ISISの黒幕でもある)も、
今後のご身分は、一体、どうなることやら。

■トランプ政権の政策では、メキシコ国境での"万里の長城"ばかりに話題が集まっているようですが、
わずか就任十日あまりで、CIAの改革や、米国国務省の改革をスタートさせたこと、
米軍がISISの首領バクダディ(何代目だ?)を逮捕したことなど、
もう少し日本のメディアも、詳しく報道して欲しいものです。
これらはかなり、画期的なことだと思うのですが……。


--------------------------------------------------------------------

<『トランプ大統領の登場で何が変わるか』 レジュメ>

1.グローバリズムからナショナリズムへ
 ・市場原理主義からの決別とそれがもたらす内外経済の変化
 ・トランプが言う規制緩和は業界・政府の癒着お手盛りの全廃
 ・金融はより古典的な世界への回帰で巨大な縮小へ
 ・国内で資金を回すことで国内経済の回復を目指す
 ・最大の課題は「ホワイトプア」が絶望から希望へ気持ちを変えられるかどうか
 ・本土防衛への回帰で大規模に資金を浮かせる
 ・保護主義の推進と壁、制裁関税の強化

2.世界も大きく変わる
 ・米露連携によるIS=クリントン一家=戦争屋退治の大戦い
 ・国家内部の獅子身中の虫の大掃除
 ・日本の安倍政権、イスラエル、チェコ、NATOなど未だに戦争屋に組する政府は重大事態に
 ・英国のEU離脱、イタリアの国民投票否決で見えた欧州の構造変化
 ・中国、メキシコなど新興国も今までの経済成長は不可能に。果たして政治がもつかどうか

3.日本も世界も新しい常識への適応を急ぐ必要
 ・新しい常識への転換が遅れれば遅れるほど傷は深くなる
 ・日本はトランプから独立を迫られている
 ・東芝、東電、政府の原子力事業はもはや維持困難に
 ・日銀、年金が限界に達して財政も限界に
 ・日本も歴史的転換が必要になってきた


               *

■「ホワイトプア」なんて、コールドウェルの小説『タバコロード』の話かと思っていたら、
いつのまにか現実に、アメリカの中産階級が崩壊しつつあったのですね。
元中流層であった「ホワイトプア」の再生と雇用増大に向けての新しいニューディール政策、
アメリカ版「列島改造論」は、可能なのか。
ブッシュとネオコン、クリントン財団や、ジョージ・ソロスが無茶苦茶にしてしまったアメリカを、
どう立て直すのか。
まあ、選挙中のプロパガンダからして、
CNNや、ニューヨークタイムズなどのメディア批判は当然でしょうが、
言論弾圧(反トランプを主張しているマドンナ逮捕について、政府要人が言及するなど)は、
やってほしくはないですけどね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《 折々の音楽 ♪》
このトランプ・シンドロームで、カリフォルニア州が独立などと騒いでますね。
カリフォルニアにちなんだ懐かしい曲を~。

【Hotel california】
https://www.youtube.com/watch?v=lrfhf1Gv4Tw
■どこか憂いを含んだメロディと歌詞から、
このホテル自体が、何か良からぬ暗い未来の暗喩だという説もあった。

【California Dreamin'- Mamas & The Papas 】
https://www.youtube.com/watch?v=N-aK6JnyFmk
■この頃、マクドナルドとか、ケンタッキーとかは、すでにあったのだろうか。
~いや、何でもありません……。




 

そろそろ立春

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 1月30日(月)18時02分6秒
編集済
  今年は二月四日が立春、午前0:34がその時ですから、
三日の節分と一続き。立春が明けて五日には合評会ですね。

寒気が戻ってきましたが、北東の夜空に北斗七星が立ち昇る
ようになれば、星空はすでに早春。

ベランダから、その眺めを撮影してみました。
左手に北斗七星、右手にしし座。(大歩危に持参したカメラでは、
こんな眺めばかり撮影しています。冷汗)

北斗七星と言えば、やはりこれでしょう(苦笑)

北斗の拳 第1話
https://www.youtube.com/watch?v=gplh7VWmsng

いつも、変な投稿ですみません・・・(_ _;;;

 

2月5日の合評会、は本誌のこれからの指針となるでしょう

 投稿者:管理人 永野悟  投稿日:2017年 1月29日(日)22時24分28秒
編集済
   この掲示板は立体的ですね。ただ板にある文字を読み取るだけでなく、音楽を聴き、動画を見てとることが
できるのですからね。you tubeと併せてインターネットならではの、普遍体験ですね。
 それにしても、皆さんの該博な知識は音楽にもまねく及んでいて、びっくり。小生も数年前のiPod時代
は、よくモーツアルトなどを聴いてましたが、iPadになってからは、聞くより見る・調べるになってしま
いました。

 で、それで今回調べたのは、オールディズの歌でした。50~60年代のアメリカンポップスは、ザ・ピー
ナッツや、中尾ミエ、伊東ゆかりらによっても歌われましたが(少年時代のメモリーとしてよく思い起こしま
す)。以下は「ロリポップ(Lollipop)」の米国ザ・コーデッツ版です(きいたことがあるでしょう)。当方
がこの唄が気になったのはテレビ番組「岸辺のアルバム」(古い!)のバックグランウンドに流れていたから
でした(かなり個人的な経験)。

       〇

 さて、今度の日曜の合評会は、37号編集後記にあるように、特集《私小説について》と、《創作》の二つ
を対象に話し合います。まだ、出席の方ははっきりしていませんが、10~15人くらいかと思います(この
掲示表出でもっと増えるかも)。―どうぞどなたでもおいでください。場所はタワーホール船堀です!



 この合評会がいつも以上に大事だと思われるのは、「小説」というものがどういうものなのか、そのかたち
を話し合うことになるかと思われるからです。実際、創作が5本もあるし、なによりも、その創作作法の日本
型手法としての「私小説」が俎上にのっています。
 21世紀になって相応の時間もたち、時代も表現の手段・物量も前世紀と比べ物にならないほどになりまし
たが、「器」としての「小説」はいまどうなっているのでしょうか>?


 さらにこの会(飲み会でも)で話し合いたいのは、本誌のこれからの方向であります。本誌・同人のレベル
の高さは先の全国同人誌大賞においてもうかがわれましたが、これを機に、一つの同人誌というだけでなく、
文学一般(社会や政治。思想も含む)をうかがう場、としたいと思います(ま、実際、この「群系掲示板」は
そうした役割を果たしていますが)。
 先に、5大商業文芸誌のレビューを今度から毎度掲出していこうとなっていますが、ぜひ、今日の文学界を
うかがう機になるきっかけとなればと思っています。現在「新潮」「すばる」「群像」の過去半年分(あるい
は1年)の担当が決まっていますが、「文學界」「文藝」をご担当いただける方を募ります。1~2p(約千
字~2千字)くらい。さらに、本誌の発行(半年に1回)とあわせて、その間に刊行された本(文学のみなら
ず)、関心おあったものを千字くらいにまとめていただければ、と思います(書けたら編集部に送る、という
ことでいkがでしょうか)。
 掲示場やFacebookなどに投稿したけれど、もう一度まとめてみたいという方には、ぜひ!、ですね。

 「群系」は、これら、文学一般、などに記事(「読書人」紙や「図書新聞」のような)を出していくことで
多くの読者を獲得することでしょう。

 次号は、またなんといっても、第一特集の《日本近代文学の始原》がすごいと思います、10数本の投稿定
がありますが、この「始原」の意味については各位の捉え方でやっていくでしょうが、皆さんは、この「始
原」をどうとらえますか?


過去ログより追記
> 1時過ぎから2時40分まで、まず《私小説について》の特集論文についてやり、20分休憩の後、3時
から4時半まで《創作》5本の合評をやります。都合のいい時間においで下さい。
 その後、5時から、いつものように、庄屋へ行くと思います。この時から合流される方は、4時40分くら
いに、タワーホールの一階ラウンジにおいで下さい。

http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97

 

音楽続きで・・・

 投稿者:荻野央  投稿日:2017年 1月28日(土)08時50分42秒
編集済
  “愛しのナポリタン” by Trio the Shakin
2007年に放映された『喰いタン2』の主題歌で、メインボーカルは主演の元少年隊の東山くん、V6の岡田くん、そして須賀少年(子役で有名)の三人。もちろんドラマに出演していて、そのドラマも理屈抜きに面白い番組でした。食いしん坊探偵、略してクイタン。そしてこの主題歌は、なかなか忘れられないラテン系の音楽でした。そのために集められた三人のグループ名がトリオ・ザ・シャキーン。(このCDはレアもので入手するのに時間がかかりました)

https://youtu.be/VaesLg_NXDo

歌詞がユーモラスです。
 

耳をすませば

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 1月27日(金)23時26分17秒
編集済
  金曜ロードショーでカントリーロードでした。
オープニングはオリビア・ニュートン・ジョン。
ジョン・デンバーではないところがポイントですが、
末尾の邦訳歌詞は評価が悩ましいところ。

もう少し耳をすませば・・・(意味不明)

シャーロック・ホームズ 空からこぼれたSTORY
https://www.youtube.com/watch?v=fIxs5XYTIRU

手元には、なぜか曲を収めたCDが・・・(笑い)

John Denver - Take Me Home, Country Roads
https://www.youtube.com/watch?v=1vrEljMfXYo
 

なんとなく、音楽を

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 1月27日(金)22時54分13秒
編集済
  ~むかし買ったレコードとか、テープとか、CDとか、、
行きつけのJAZZバーでリクエストした曲とか、
YOUTUBEで再会するのは、懐かしいものです。


【Al di Meola John McLaughlin Paco de Lucía - Mediterranean Sundance Rio Ancho】
https://www.youtube.com/watch?v=KFOd41OXFCw
■アル・ディ・メオラとか、パコ・デ・ルシアとか、このライブ録音で知った。

               *

【Al Di Meola - Elegant Gypsy Suite】
https://www.youtube.com/watch?v=kCOgUeyWelI
■弾けもしないのに、「だいたい、メオラの音はさあ~」とか、生意気にいっていた奴がいた。

               *

【Miles Davis - Cookin' (Full Album)】
https://www.youtube.com/watch?v=CQRT8tlhvDk
■マイルスは、あまり突っ張らない、ローテクみたいな頃が、好きです。

               *

【Ray Bryant solo Montreux 1972 】
https://www.youtube.com/watch?v=qcTV3Pr-wUA
■モントルーのレイ・ブライアント。
なんだかノリがいいので、よく店でマスターにかけてもらってました。
レイ・ブライアントには、こういうエピソード↓がある
https://www.amazon.co.jp/review/R2XJAK9U4UEKHQ/ref=cm_cr_dp_title?ie=UTF8&ASIN=B0072KWMWU&channel=detail-glance&nodeID=561956&store=music


               *

【The Modern Jazz Quartet - Pyramid - Full Album】
https://www.youtube.com/watch?v=KiCzfGAjkig
■引っ越のとき、ほおっておいたら、いつのまにか歪んでしまったレコード。
 

ぱよちん太郎はもういい

 投稿者:大堀敏靖  投稿日:2017年 1月27日(金)10時37分4秒
編集済
  >~あのぅ。  「インテリ知識人」て、なんですか…。
 それに、他人事のように書いてるけど、これって、すべて、私小説」だったり、してませんか?なにも、こんな掲示板で、"自分のことを、嘘偽りなく、赤裸々に告白" する必要は、ありません。

「インテリ知識人」とは知識を豊富に持ったと思われる頭のいい人のことです。

 例に挙げました誤読は身近な人のものと、伝え聞いたもので、わたくしの誤読は一つも入っていません。
 (わたしは書くのもはばかれる誤読や誤解で恥をかいて、しかもそれを得意げに生徒たちに教えて拡大再生産するという罪をおかしております)
 したがって、「私小説」を掲示板で展開したわけではありません。

>「天然の安倍ちゃんらしくて、カワイイ~」という女性の書き込みもありましたから

■「女性」じゃなくて、山本一太が女装して、コソコソ書き込んでるんじゃないの?

 それはあり得ます。
 自民党の方の山本は安倍命で歌まで歌ってますから。(チャレンジャーに捧げる詩)削除
 歌には自信があるようです。
 別の歌ですが、なり切って歌ってます。

https://www.youtube.com/watch?v=7DRrdQwOSrg

 お騒がせの山本太郎の方は、こちらも議場を芝居小屋と勘違いしているようです。

>みなさん、安倍総理を信じて、このバスに乗り込みましょう!
  次の停車駅は地獄の1丁目1番地です!

 芝居のセリフとしては何も不自然ではありませんが、こういうことは国会の議場で言うことではありません。
 そこがわからない人間は政治家などになってはいけないのであって、政治家になるのなら、役者としての自分は捨てきらなければならないものを引きずっているから、議事録から消されるようなことにもなるのだと思います。

 要するに政治家としての品性に欠けるです。

 山本太郎はやはり役者として頑張ってもらいたいとわたしは思います。

 役者として活躍しながら、時折コメンテーターとして、パネラーとして発言するほうが、よほど社会的インパクトも強いのでないかと思います。

 ~太郎。お前はいつ政治家の座から降りるつもりなのだ。
 早く役者にもどったほうがいい。
 兄さんはそう思うぞ。



 
 

レンタル掲示板
/396