teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パソコンクラッシュ(>_<)(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


業務連絡>永野様

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月14日(金)17時59分26秒
  授賞式の写真について、OCNのメールアドレス宛にメールいたしました。  
 

坂井瑞穂様へ

 投稿者:土屋慶  投稿日:2017年 4月13日(木)00時04分30秒
  返信遅れて失礼を致しました。長いメールをありがとうございました!ぼくの拙い作品を読んでいただいて、そんなことを言ってくれるのは坂井さんだけでした。坂井さんにそういっていただけるだけで書いたかいがあったというものです。重ね重ねありがとうございました!また何かあったら、御批判いただけると幸いです。  

北朝鮮の有事を想定し買い占めの動き

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 4月12日(水)22時37分56秒
  ・私の友人たち、北朝鮮有事を想定し、米、味噌、七輪、炭の買いだめを始めている。
北朝鮮は、通常ミサイルで米軍基地、原発を狙ってくるだろう。電気、ガスの供給停止を見込み、耐乏生活の準備を始めています。困った取り越し苦労とは言い切れない情勢ですね。

・政府も最悪のシナリオを想定して態勢つくりに入っているようです。
 

坂上精一郎著、<歳月のかたみ>をさがしています。

 投稿者:坂井瑞穂  投稿日:2017年 4月12日(水)05時57分30秒
  作家としてはあまり有名ではありませんし。タレント坂上忍の父親で、ほぼ自叙伝のかたちで書いてあるらしいのです。この親子の擦れ違いは水上勉と窪島誠一郎親子以上の悲劇を孕んでいそうです。どなたかお持ちではありませんか。
読んだことがあるかたのご意見をうかがいたいものです。
 

公的年金の資産運用が・・・

 投稿者:荻野央  投稿日:2017年 4月11日(火)08時53分31秒
編集済
  殺傷能力の高いクラスター爆弾。世界各地の戦闘に使われる(少しは関心があればすぐに知られる)恐ろしい爆弾であって、要は「散弾銃」の爆弾。これを作っているアメリカの会社の株式を保有して配当を受けているGRIFという運用団体の「見識」はどうなっているんだろうと呆れてしまう。

年金資産が増えればいいじゃないか、ということにはならない。クラスターで儲けている―人間を大量殺戮して儲けている。その儲けでもって日本の年金受給者が生活している。ということになる。なんというおぞましい話だろう。ますますGRIFという団体が人道的におかしな連中であるということが判ろうというもの。

◆(2チャンネル)
「公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、人道的見地から国際条約や法律で禁止されているクラスター(集束)弾を製造する米国企業の株式を保有していることが七日、分かった。
クラスター弾は空中で多数の子爆弾をばらまくため、殺傷力が高く民間人の被害も絶えない。日本でも製造や所持は法律で禁止されているが、
政府は同日、「製造する企業の株式を保有することは禁止されていない」との見解を閣議決定した。」

閣議決定が好きな政権だ。そのうち「内閣メンバーは朝ご飯は和食とする」を閣議決定するんじゃないか。
よっぽど政治家個人として自身が無いのかなと思う。横断歩道、みんなで歩けば…という小心者の連中なのだろう。
(首相夫人を私的存在として閣議決定。外部行動において、政治家の妻に公人も私人もあるわけがない。)

呆れる。
 

外堀から埋められるトランプ

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 4月11日(火)06時27分28秒
編集済
  ■シリア空爆という、理屈にあわない路線変更。
「外国の戦争にはかかわらない、干渉しない、仕掛けない。内政に力を入れて中産階級を復活させ、ホワイトプアを元気にさせる」が
売りだったのですから。
トランプ政権、結局、ネオコン・シオニストに外堀から崩されかかってますね。
内堀も埋められかかっている。
~個人的な弱み(下ネタ系)を握られて脅迫されているとの説も。

まず、ロシアと関係があったとかで、政権の発足早々にマイケル・フリン元将軍が解任され、
選挙参謀でもあった反シオニストの戦略家スティーブ・バノンが、
シリア攻撃に反対していたことで、先日外された。
これじゃ、飛車と角が外された裸の王様。
もともとこの政権、異種混交のキマイラであったことが、だんだんネックになってきました。

このまま、選挙公約を裏切って、米国内戦争屋のパペットになるのか。
それだと、また米国は、
ブッシュ、ロックフェラー、ヒラリー&オバマ時代に逆戻り。
~米愛国者・ペンタゴン良識派のサポートによる《トランプ "いらぬ戦争はやらない"軍事政権 革命》は、
三か月で終了……ってことでしょうか?



【フランスの政党、「シリアでの化学兵器による攻撃の黒幕はイスラエル」】
http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i28694

■まあ、世界のネット住民にとっては、「まーた、彼奴らかよ~」という話ですが、
主流派メディアでは、「嘘と分かってはいても、現実になるまで、その嘘を、強引につき続ける」
という業界のお約束、なんでしょうね。


               *


【アメリカ軍空母打撃群が朝鮮半島へ】
http://parstoday.com/ja/news/world-i28736
>先週、アメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席は、フロリダで会談し、
北朝鮮の核・ミサイル計画を抑制するための両国の協力について話し合いました。
北朝鮮は、米中首脳会談を前にした先週水曜、中距離弾道ミサイルを日本海に向けて発射しました。

           ----------

    ~やはり、最高のニューディール政策は、
           壁作りやダム作りではなく、「戦争」なのか。



 

今度は、年金を武器産業につぎ込んだ

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 4月10日(月)22時53分17秒
  【クラスター弾製造の米国軍事会社にGPIFが年金積立金
 ⇒政府が「株式保有は可能」を閣議決定】

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16255.html
>GPIFがアメリカの武器製造会社にも多額の資金を投資していることが分かりました。
クラスター弾を製造する米国のテキストロン社に対して、約190万株分の資金をGPIFが提供。

■年金積立金で、兵器産業に多額の投資。
問題ないことを「閣議決定」。
これも、ヒトの金の"私物化"…なんでしょうかね。
 

風邪に吹かれて

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月10日(月)02時43分59秒
  この一週間、風邪に吹かれていましたが、治まりました。
回復に専念するため、食べては寝ての繰り返し。
まずは一休み。目が覚めたら、再調整していきましょう。

風邪に吹かれながら・・・

入院中、同病と類病の人たちと家族の戸惑いが大きかったのを
思い出していました。わからないことが戸惑いを生み出していた
のかもしれません。

風邪が止んだら次は雨。雨の先は散る桜?

 散る桜 残る桜も 散る桜

言うまでもありませんが、良寛さん辞世の句。
 

台東区谷中の桜は・・・

 投稿者:荻野央  投稿日:2017年 4月 9日(日)13時29分12秒
  谷中霊園に元・会社の同僚と六人で行きました。天気は良かったのですが満開ではありませんでした。ブラブラと歩いて谷中ビアホールへ。ここは古民家を改造した居酒屋で、わたしはフルーツビールを飲みました。不思議なビール。
ほろ酔いで三十年ぶりに、津軽郷土料理「みぢゃけど」へ行って津軽蕎麦を食べました。出汁は煮干しではなくて「焼き」干しと昆布と津軽の醤油。美味でした。
 

こちらも桜が満開です

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月 9日(日)12時32分52秒
  >ただ、危険域とは見えず、回復状態にあるのかと思ってました。

見かけは健康な人と区別がつかなかったのではないかと思います。

治療に使った分子標的薬の影響で、治療後半年から九ヶ月くらいは
免疫機能を調整するBリンパ球がゼロになった状態が続きます。

大歩危にお邪魔した頃はBリンパ球が回復し始めているのかどうか
微妙な時期でしたが、感染症をもらわないように対策をしていれば
大丈夫だろう(こまめに手洗いをするだけですが、これだけで危険は
桁違いに小さくなります)ということで。

こちらでも桜が満開となりました。
風邪が少し残っていますから、花見は見送りです。昨年の今頃は
この加減がうまくつかめず、よく体調を崩していたものでした。

ということで昨年の桜です。実家近くのお伊勢山の遠景。

桜の中に佇む観音像は戦時中に美術の先生だった方からの寄贈で、
教え子たちの戦死を悼んで制作されたものです。

 

東京では桜が満開ですね

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 4月 9日(日)06時19分58秒
  >大歩危にぼけっとお邪魔した頃は、危険域との境目でしたから、
少しそっけない行動となってしまいました。

■そんなことないですよ。
あんなに多くの写真を撮っていただいてますし。
ただ、危険域とは見えず、回復状態にあるのかと思ってました。

 

風邪の一週間

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月 9日(日)01時38分33秒
  今週の月曜日は、除外診断のため再検査と追加検査でしたが、
特に問題ありませんでした。

安心して疲れが出たのか、火曜日に目が覚めたら風邪でした。
異変があったら24時間いつでも連絡をと言われているのですが、
検査データを参照し、総合的に判断すると、経過観察で問題ない
でしょう。

一年前だったら、突然38度をこえる発熱が続き、熱が下がらなく
なっていたと思われますが、今回はゆっくり普通感冒の自然経過
を観察となりました。頭と体が少し熱く感じましたから、何度も
繰り返し体温を測りましたが、判で押したように、いつも36.7度。
これならば心配ありません。

病気で免疫機能が低下しているため、通常の倍くらい時間が
かかりましたが、無事にソフトランディングとなりました。

大歩危にぼけっとお邪魔した頃は、危険域との境目でしたから、
少しそっけない行動となってしまいました。

写真は大歩危から二週間後。通院途中の一コマです。私を運んで
くれるレガシィの姿を、散り残った紅葉とともに。

運転するのは私ですが、まあいいでしょう(笑い)

 

個人名が特定 主犯は筆頭秘書官・今井某、そして官邸

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 4月 8日(土)19時21分28秒
編集済
  「國體を重んじる安倍ちゃん」たちによる "国家《私物化》戦略特区"


【「特区の議論はすべて『加計ありき』」
「森友を超える」加計学園の疑惑をIWJだけにトコトンぶちまける!】
岩上安身が日本獣医師会顧問・北村直人氏(前衆議院議員)に独走スクープインタビュー!17.4.4
https://www.youtube.com/watch?v=GDKdzfntakY

■単なる欲得ずくの、国有資産の"私物化"の問題。
それをファシズムがどうのこうのと言い募ること自体が、的外れの
実に下らない利権問題なのかもしれませんが、一応……。

 この悪質なだけでなく、無能で愚かしいサギ師的な官邸の責任を、どうとらせるのか――。
 ~それが問題だ。

https://twitter.com/logicalplz/status/849409658800541700?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fshanti-phula.net%2Fja%2Fsocial%2Fblog%2F%3Fp%3D125863


FBより
アキエ・リークス 「男たちの悪巧み」
https://m.facebook.com/akieabe/posts/10153801737461779
2015年12月24日 14:02 公開

 

夢は、我々の世界に並行して存在する異次元の<自分>の振る舞いではないか???新作の発想・・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 4月 8日(土)11時37分29秒
編集済
  ・また夢の話で恐縮です。
これで最後ですので、結論を。


・夢の中の自分の行動は、ひょっとして、
我々の世界に並行して存在する<異次元>の
もう一人の自分の振る舞いを投影するものではないか・・・。

・最近の理論物理学の探査では、
この世は十一次元から成り立っているらしい。
そして、我々の世界の次元と並行して、
まったく同じ世界があり、
その世界では自分と同じ自分が生活しているようです。
何かの拍子に、
二つの世界には通路ができて、
行き来できる場合もあるそうです。

・で、思うのですが、
こちらとあちらの世界の二人の自分は、
<夢>の意識でつながっているのではないか・・・

・村上春樹の小説に、向こうの世界の空には二つの月がある・・・という設定で
「向こうの世界」が描かれていますが、
これは、最近の理論物理学の新説である十一次元の学説をヒントにしたものでしょう。

・私は、こちらの自分と向こうの世界の自分を結びつけるルートが
<夢>ではないかという仮説を設定してみるのですが・・。
意識は電気的信号に翻訳されていますが、
その電気的信号は、こちらの自分と向こうの自分とが共有するもので、
夢の中で、互いの世界を共有している・・・という仮説・・・

・村上春樹の小説の中の「二つの月のある世界」という向こうの世界の描写は、
この並行世界の理論物理学の新説から
ヒントにしているらしいのですがね。<夢>は二つの世界を結びつける
電気的信号のルートだ・・・

・向こうの世界とこちらの世界を結びつける電気的交換の場が
夢・・というこの発想は、小説のヒントになりますね。
幽霊なんかは、何かの拍子に、
向こうの世界の人間が、
こちらに迷い込んだのかもしれない。

・ですが、これは私の専売特許の発想ですから、真似しないでくださいね。(笑い)
現在、こんな発想で新作書き始めています・・・・。

 

夢と現実

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月 8日(土)01時05分23秒
  このように対置させてしまうのは常ですが、もしかしたらこのため、
わからないことが、よりわからなくなっていくのかもしれませんね。

夢も現実も、どちらも、認識している(認識されている)場で生起して
いることですから、根保さんがおっしゃる通りなのかもしれません。
 

治療中の風景

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月 8日(土)00時47分11秒
  理屈っぽい話が続きましたから、ちょっと病床ノート。
治療が始まって二週間たった頃。だいぶ編集しています。

2015年11月XX日

大きな副作用はなさそうと思っていたら口内炎。
昼から突然食事が入らなくなった。

食べようとすると、口の中全体に激しい痛み。火を噴いている。
食欲は旺盛なのだが・・・餓鬼になってしまったのかな?
間食も全滅。チョコレートはどうかな?口の中が爆発して火事を
起こし、食べるどころじゃない。

栄養士さんがベッドサイドにやってきてくれた。
細やかな事情聴取。夕食から口内炎対応食に変更となった。
食後には再度の事情聴取。

夕食からしっかり食べられるようになり、生き返った。

厚生労働省が抗がん剤の重篤な副作用として口内炎への警戒を
呼び掛けている。きめ細かな対処をして頂き、ありがたい限り。

抜け毛が多いな?まあいいか。

追記:とりあえず保留。
 

現実の認識と夢の認識の同調性と異調性   「実存は本質に先立つ」なら、夢は現実に先立つか・・・はたまた・・・現実が夢に先立つか・・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 4月 8日(土)00時44分49秒
編集済
  ・また、夢の話になって恐縮ですが、
夢が夢を見る者の意識の投影であるとするなら、
夢は、作者が小説を書くように立ち現れるはず。
しかし、実際の夢は作者の思惑に反して、意外なストーリーを
描いて行きます。
それはまるで、他人の小説を読むような意外な展開を見せる・・・。
これは、どういうことなのか・・・

・夢の中の認識と現実の中の認識とに、認識の在り方に差異があるのか・・・。
体験的に言えば、さしたる差異はないように思います。
夢の中の自分と現実の中の自分はあくまでも同じ自分なのですが・・
しかし、それは同じと思っているだけで、
実際は、夢の中の自分と現実の自分は別の存在なのかもしれません。

・一見、夢の中での思考は、現実の自分の思考パターンを外れるものではないし、
周囲の外界に対する自意識も現実の自分の個性と変わらぬ思考ルートを通りますし。

・問題は、私の見る夢の中の外界が、現実の外界とやや違った色合いで
存在するということです。これは私の場合に限ってのことかも知りません。
他の方では私とは別であるかも知れませんが。

・夢の中の私は、現実の私とほぼ同じ思考パターンで行動しているようで、
私そのものは現実の私と夢の中の私とは同じ思考で行動するようです。

・ですが、違うのは、現実の場所と夢の中の場所とは、似て非なるものとして
現れるということです。その夢の中の場所の違和感に対して、やや疑問を持ちながらも、
そういうものと受け止める夢の中の自分が居るわけです。

・また、登場人物はかつてそうであった人間の個性として行動するのですが、
その行動は、こちらの予知とは別に個性的に振る舞い、予測不能な言動をするのですが、
夢が、自分の意識の投影であるなら、登場人物が予測不能な言動をするのはなぜでしょうか。

・夢が夢を見る私の意識の投影であるならば、
小説を書くように夢の登場人物の言動がある程度予測できるはず、
とも思うのですが。夢は、夢を見る者の意識とは別に、
独り歩きする意識の投影か・・・なんて時には考えてしまいます。



 

再び意識について

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月 7日(金)23時56分21秒
編集済
  認識する主体の基底は意識ですから、環境世界について考えていても、
いつの間にか、意識の問題に戻ってくるのでしょう。

意識に関して倶舎と唯識が詳細な分析を行っていますが、それはそれ
として。日常でいうところの意識については、西洋哲学での古典的な
解釈を参考にするのがわかりやすいかもしれません。

普段使っている「意識」は“consciousness”の訳語ですが、語源は
「ともに-あること」となるようです。

表象・知覚・認識等によって対象とともにあるのが「意識」ということ
でしょうか?ともになければ「意識」ではありませんから、意識が意識
として独立して成り立つことはありえない、ということにもなりますね。
 

鏡と影

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月 7日(金)22時56分18秒
  現象に関しては概ね草原さんがおっしゃる通りだと思いますが、
対象そのものは認識できませんから、「対象とする環境世界が
内向きに湾曲して」いるかどうかは難しいところですね。

認識された対象(=対象そのものではない)は認識する主体の
志向性を映した影のようなもの、といったところでしょうか。
 

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 4月 7日(金)22時15分30秒
編集済
  >分析を試みようとすると、「このように分析したい」といったラインに
沿った夢が続く傾向があります。

■意味深ですね。
鎌田さんのおっしゃっているのは、われわれシロウトが、寝起きの夢を恣意的にあれこれ勝手に詮索するのではなく、
フロイトなどの精神分析の方法に即して言っているのでしょうけど。

~しかしどうも、「夢」のみならず、
"現象"世界もそんな構造になっているのではないかと…。
A氏がある仮説に即して一つのテーマを調べていくと、どんどんそれを補強する情報が集まってくる。
隣では、B氏がそれを覆すようなまったく反対の説を立てていくと、驚くほどA説を覆す情報が集まってくる。
AとBの仮説は、その自足した枠内では正しく、この二本のトンネルは、互いに永遠に平行線――みたいなことが、よくあるような気がします。
要するに、意識が対象とする環境世界が、内向きに湾曲して、探究者自身の顔を、鏡のように映し出している??(笑)



《 折々の音楽 ♪ 11》------------------------------------------------


■昨日、ヴァンゲリスの曲をリンクしたので、その続きを。

【Vangelis - Alpha 】
https://www.youtube.com/watch?v=rT5zCHn0tsg

【1492: Conquest of Paradise Theme ? Vangelis 】
https://www.youtube.com/watch?v=94dY-QxjDiE

【Blade Runner Theme  Vangelis 】
https://www.youtube.com/watch?v=2NF9o5aicwQ
懐かしの映画『ブレードランナー』
フィリップ・K・ディックとヴァンゲリス、今思えば、ちょっと付き過ぎの感も……。


 

レンタル掲示板
/404