teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パソコンクラッシュ(>_<)(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ハナミズキの季節

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月 1日(月)23時54分2秒
編集済
  松山自動車道を松山ICで出ると外環状線。
外環状線を古川ICで降り、最初の大きな交差点を右折すると
はなみずき通り。

はなみずき通りを真っ直ぐ進むと県立中央病院。目的地。
目的はPET-CT検査。普段あまり使わない放射性試薬が必要
でしたから、県内ではここでしか検査できず、三回通いました。
着くのは最初。出るのは最後。

はなみずき通りは帰り道。いつになく美しい夕日。

ハナミズキ
https://www.youtube.com/watch?v=V2XhLb4hjTs

十六年前に米国で起きた9.11事件への追悼歌ですね。

1911年、東京市がワシントン市にソメイヨシノを寄贈。
1915年、米国から日本にハナミズキが贈られる。
 
 

速度について

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月 1日(月)21時07分30秒
  根保さんへのお答えです。

速度というのは、物体について、座標系において観測される単位時間
当たりの位置変化です。ですから、座標系によって速度は違ってきます。

例えば、地球を中心とし地球を地球外のあるところから一定方向に見る
座標系から観測すると、苫小牧は時速約1227kmの速度で地球の
自転方向に移動しているとわかりますが、苫小牧に固定した座標系から
観測すると、何も動いていませんから、速度はゼロとなります。

普段は意識しないまま想定した時間と空間を絶対時間・絶対空間だと
意識することなく使っているものですから、そこから来る錯覚を真実
だと勘違いしたまま振り返ることがない、というのが実際でしょうか。

物体とは?座標系とは?との疑問も当然でてきます。

光速度不変の原理、時空の歪み、宇宙論、等については、詳細で丁寧な
考察と検証が必要なのですが、宇宙に関して世間で流布している話は、
残念ながら、議論の断片をつなぎ合わせて空想が紡いだだけのお伽話が
圧倒的に多いように思われます。

光の速度については、十九世紀末から二十世紀初頭の物理学の歴史を
振り返るといいかと思います。特殊相対性理論の一歩手前まで来ていた
こと、次につながる一枚を引き当てたのが、たまたまアインシュタイン
だった、ということがよくわかります。
 

光の速度と宇宙の広さ・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 5月 1日(月)19時00分28秒
  ・鎌田さんは宇宙について詳しいようなのでお尋ねしますが、宇宙の拡散スピードは、遠くなるほど早くなっているようなのですが、光の速度を超えるスピードになると、どういうことが起こるのでしょうか?光の速度以上に速い速度で遠ざかる宇宙・・・とすると、その遠ざかる宇宙の光は地球には届かないことになる・・すなわち、その限界が137億光年の限界・・ということなのかどうか。  

齋藤さま、こんにちは

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月 1日(月)15時32分32秒
編集済
  規則正しいリズムは、なぜか心を落ち着けてくれます。

三ヶ月くらい前のことですが、病を経た後の影響なのでしょうか、
気づかない間に心が落ち着きを失っているのにびっくり。
学生の頃に親しんでいた「天台小止観」を取り出して、ひとつずつ。

落ち着いたまでは良かったのですが、ふと気がつくと心はカラカラ。
きれいに干からびています。どうみても変調。

従仮入空だけで従空出仮を見失っていますから、これは必然のこと。
般若心経には「色即是空 空即是色」とありますが、「空即是空」
とは書いていません。

加藤隼戦闘隊は少年飛行兵を募集するための映画だったみたいですが、
加藤隊長の戦死で幕を閉じます。なぜか悲しみに溢れた構成。

大東亜戦争に軍医として出征した(今は亡き)医局の大先輩の述懐。

輸送船では兵隊を集めて合唱 ♪ ここはお国を何百里・・・ ♪
戦意を高揚させる歌ではなく、戦争の哀れを語り継ぐ唄じゃないか。
こんなので、大丈夫なのか?

追記:目が覚めたら、予想通り両膝と右顎の痛みはほとんど消失。
心配ないでしょう。わからない不安が別の不安を呼び起こし増幅
していることが多いのかもしれません。
 

鎌田様 お早う御座います。

 投稿者:齋藤康夫  投稿日:2017年 5月 1日(月)11時04分48秒
編集済
  ★レガシィも快調のようですね。不思議とあの音は心のペースメーカーではないかと思えるくらいに心地良いものです。規則正しい爆発音は時として精神の鎮静効果があるのかもしれないと思いますね。名古屋の棚橋医院という明治期の人との出会いで明治42年に国産初のエンジンを造った人が その完成の喜びを詩に残していました。

       http://www.jahfa.jp/jahfa14/pala/person1.htm

                    狂奮        島津楢造

           希望に燃え希望に悩んだ半信半疑のこころみ
           青い炎を吐きつつ とぎれとぎれの爆音を立てて
           処女作のエンジンが産声をあげた一瞬
           全身の血汐は過熱し 沸騰したのか
           常態を失して もう大地に足がつかない
           廻った廻ったと独り言を繰り返しつつ自身が回転するように
           門外へ飛び出し 飛び出しては戻るのであった
           嬉しいばかりではない 始めてあじわう驚きだ
           狂気が90パーセントで喜びが10パーセントぐらいだ
           不可能の境地から可能の世界へ飛び込んだ気持ち
           これを成しとげたもののみがあじわう大自然のたまものであろう

名古屋 愛知 中京の工業の礎を築いたひとならではの 感動の表現が伝わるようです。

加藤隼戦闘隊ですか。  ♪エンジンの音 ごうごうと♪ なんか元気がでますね。目的は
戦争でしたけど  ・・・・・

 

エンジンの音

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 5月 1日(月)03時05分12秒
編集済
  中島飛行機といえば、戦後の富士重工、今はスバルですね。

零戦と隼に搭載されていた栄エンジンは、愛車のレガシィに搭載
されているエンジンのオジイサン(ヒイオジイサン?)みたいなもの。
フラット6は動力バランスと振動コントロールがいい。

高速道路に入る時、まずは加速します。
前の車に追突しそうな速度になりますから、少し緩めてゆっくり合流。
エンジン音は「ぶーん」。どこかで聴いたような音。記録映画に残って
いる零戦のエンジン音と同じ。このエンジン音がいいのでした。
運転している人しか気づかないかもしれません。

一般道では60km/hくらい、高速道では100km/hくらいで急がずのんびり。
かかる時間はさほど変わりませんから。ゆったり贅沢な時。急ぐ車は
お先にどうぞ(笑い)。追い越そうとする車が、あまりいない不思議。

一年二ヶ月前のことでしたっけ。

治療を終えて退院した頃、昔からの友人から「おめでとう。君は闘い、
今も闘っているんだね」と暖かいメッセージでしたが、猛烈に怒って
しまいました。「闘うことがどういうことなのか、君は何もわかって
いないんだね。すまん。変なことを言うてしもうた・・・」

三日前から両膝と右顎が痛みますが、まずは自分で自分を診察。
少し炎症が起きていますね。サイトカインのフリーランニングがいつ
起きても不思議ありませんし(入院中に確認済み。記念写真を数多く
撮影して頂きました。苦笑)、日常では何の問題もありませんから、
気を揉まないこと。明後日くらいには治まっていることでしょう。

ということで、懐かしい歌。

加藤隼戦闘隊
https://www.youtube.com/watch?v=MS12isLjS5w

それよりも、こっちかな?

シャーロック・ホームズ
https://www.youtube.com/watch?v=fIxs5XYTIRU

 

明日入稿できない方、9日までのあいだにぜひ、送ってください、

 投稿者:管理人 永野悟  投稿日:2017年 4月30日(日)23時05分15秒
編集済
   明日入稿できるお原稿はいまのところ、ふたつですね。まだ、四つほどはいま現在当方のメールボックスに着
いていません(いま、日曜の午後10時半すぎです)。明日、午前中にでも入稿できれば、龍書房さまは初校ゲ
ラを出してくれます、よろしく。

 と言っても、同時進行の小生も明日はむりかな、という感じです、4ペ-ジを書くだけでも、時間、かかりま
すね。さらに推敲するとなると(いまそれです)、これでいいかと、また読み直したりしています。

 入稿いただけるなら、待ちますのでぜひよろしく。
 明日ムリな方が、次に龍書房さまに入稿できるのは、9日の月曜になります。そのかん1週間ですので、じっ
くりよろしく、むろん、来週のいまごろ駆け込み入稿よりも、出来た時点で当方へお送りくだされば、読んで直
すべき箇所あればいえます。
 いちいち「遅れます」の連絡は面倒でしょうから、割愛で結構です、

 なお、予定外の方でも1ページの《ノート》は、いまからでもどうぞ、《思い出ノート》など、ぜひ、
 

ネット社会というものは・

 投稿者:齋藤康夫  投稿日:2017年 4月30日(日)19時15分49秒
  ★当地も街中は御多聞に漏れずシャッター街の様相です。皆が家族でデパートに行くという楽しみは無くなってしまったようです。買い物の楽しみはネットでという世の中なのでしょうか。私も古い物が好きなのでお宝鑑定団など録画してみていますが有名な古美術を大金にも拘わらずネットの写真だけで買う?というのが今一つ なんだかなぁと感じてしまうのですが。という私も最近ネットのオークションで変なものを買ってしまいました。 出品者は信州のnpo法人の障害者施設でした。何のことはない木箱ですが そこには筆字で半田市乙川町(おっかわ)と護国第一00工場と 横には東京 葵 航空機 第348号。 入札者はまだ無くもうすぐオークション終了。しかも1000円台なので思わず入札しました。ところがです 終了間際にライバル出現です。葵航空機の文字に魅せられて高値更新の死闘の末 やっと落札したのが写真の木箱。釘のほかに両側には
マイナスネジの現在のビス止めでしかもネジの頭にはしっかりとしたメッキが施されています。
縁もゆかりも行った事もない愛知県半田市の歴史ブログを検索すると なるほど ここは戦時中
中島飛行機の関連施設が有ったところと判明しました。高砂町と西憶田町には中島滑走路もあったようです。中島は当地の宇都宮と群馬県太田市だけかと思い込んでいました。当時の軍需産業は今の北朝鮮並みに力が入っていたようです。
やはり軍都宇都宮も空襲でさんざんやられましたがやはり半田市も被害を蒙ったようですね。宮崎駿の『風立ちぬ』のゼロ戦開発の舞台も思い浮かんであれやこれやの空想も楽しいものです。

所でこの木箱は何だったのでしょうか。出品者の説明には弾薬箱ではないかとありましたが 此処からは私の推理ですが上田市の住人が戦時中働いていた中島飛行機から終戦の最中に故郷に持ち帰り物奥の中に忘れ去られて70年・持ち主が亡くなり遺品の整理中に誰かの手に渡って 施設にはオークション部みたいものがあり
・・施設の障害者の手によって梱包発送(ここはそう書いてあり)されたようです。 これが弾薬箱か はたまた零戦の部品の通簡箱かは なかなか判明は難しそうです。今 生きた証人がどんどんいなくなっています。

ネット社会はこうしたものが無顧に捨てられるものを縁もゆかりもない私に届けてくれたという事には 大変
有難い事だと思いました。

 

緩和ケア

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月30日(日)18時40分32秒
  昔は最期を看取るための補助的な医療といったところでしたが、
今は違い、がんの診断が確定した時から緩和ケアが静かに組み
込まれます。長年にわたる調査分析の結果、経過も予後もいい
ことは、周知のことですから。

私の場合も、いつの間にか、緩和ケアが組み込まれていました。
具体的な話は(一部)生々しくなってしまうため、省きますが、
今日でちょうど一年六ヶ月となりました。

余談:入院治療中、なぜか「先生はいつも前向きなんだから」と
看護師さんたちは笑顔。(鎌田さんが先生になってしまっている
ことがよくありましたが、細かなことは気にしない)何を言って
いるのか、私には意味不明。

人の心と体は、遭遇した場に応じて後ろに行くとか横にいくとか、
マジカルにできるような作りにはなっていないんじゃないかな?
変に力まず、真っ直ぐに前を向き、真っ直ぐ前に進んでいくこと。
もしかしたら、これの方が無理なく自然で、道理にも叶うんじゃ
ないかな?向かう先がどこであってもね。
 

かもめが飛んだ・・・

 投稿者:土倉ヒロ子  投稿日:2017年 4月30日(日)05時49分23秒
   鳥が大空を羽ばたいているのは気持ちのいいものですね。鴨川の海辺にはとんびがかなり空にいます。魚をめがけて海に突入するスピード。見事な狩りです。
 次男は今、緩和ケアに入っています。輸血と胸水を抜きました。背中が痛くなっているようです。やることがあるので、一日もはやく退院したいと言っています。

一階に介護用ベッドを置き、パソコン一式も、その部屋に移動。パソコンには彼の夢想のすべてが内蔵されているのでしょう。

今日は古い友人たちが見舞いにくるとか。形見分けの話しをすと、昨日言っていました。

医者は何もしてくれないから「こんにゃく温シップ」を帰ったらすぐに開始すると。ケトン食も続けるとのこと。最後まで、彼はがんと闘う気になっています。
 

私はガイア思想信奉者ですが・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 4月30日(日)04時59分31秒
編集済
  ・地球という生命体が人間という認識者を生んで、この宇宙を探検させ生命体が賢くなることを願ったガイア・・ところが、ガイアの予想に反して、人類はガイアを滅亡に導こうとしているのは、どういううことなのか・・。そんな風に考えます。滝村仁監督の「ガイアシンフォニー」の感動的な仕事を称賛するものです・・。神や仏の概念を考えた人類は、ガイアの思想を半ば理解しながら、何かガイアという地球の生命体を知らず知らず滅亡に導いている現実に、私は心を痛めております。文学活動に限らず、人間の芸術活動から科学の進歩までも、大きく言えば、このガイア思想の正当な理解の上に立って成立するものではないか・・・。そんな風に考えるのですが・・・。

・このゴールデンウイークは、ひと時自然に触れて、ガイア思想の探査の旅にしたいと思います。
 

あれ?

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月29日(土)23時40分24秒
  今日は海辺の実家でのんびり。
ベランダに出て夕日前の眺めを楽しんでいたら・・・

あれ?ジョナサン君?北に帰る時を見失ってしまったの?
この春はいつになっても寒いからね。北は寒すぎる?

高校生の頃、ブームになった「カモメのジョナサン」
歌はニール・ダイアモンド。

Jonathan Livingston Seagull - Neil Diamond
https://www.youtube.com/watch?v=k028-NETGOQ

 

タケノコ見つけた。旬ですか??

 投稿者:荻野央  投稿日:2017年 4月29日(土)09時25分18秒
編集済
  見た目、どうも食べられそうにありません。
タケノコご飯は、の、タケノコは土中のものなのでしょうか。
硬そうでした。
収穫を逸するといかんですね。

というわけで(強引に)私の大好きなニール・ヤングの"HARVEST"(収穫祭)。
https://youtu.be/TzINqSXyrLs?list=PLWnVxuqvY7JjTdKBuxK7REgrps-1zVI_W

これまで聴いた男性シンガーの、もっとも「美しく、かつ、個性的な」声の持ち主だと思います。

(グラハム・ナッシュより1オクターブ高い声を出します。C,S,N&Yを聴くとよく分かりますヨ)
乱暴に言うと、曲がなんであれヤングが歌うとすべて良し。

※私はカントリーが好きなんです。ヤングはNew Countryとも呼ばれていましたが、実は熱いロック。
 

38号の締切、とりあえず、5月2日までに、

 投稿者:管理人 永野悟  投稿日:2017年 4月28日(金)11時21分54秒
編集済
   「群系」38号の原稿は順調に集まって、予定原稿としてはあと4つくらいを残すのみとなりました。投稿を
予定されている人には、この連休中に入稿できるか、また予定ぺージなど聞き合わせする予定ですが、これから
ご投稿の人(ま、これは1ページの【ノート】類ですが)、も、どうぞ、この間にお書きになっていただければ
と思います。

 投稿者は30人、予定ページ数としては280ページ程度、と、いつもどおりのようになりました。これか
ら、執筆者の方にはいつものように、【執筆者紹介】をお願したく、これも各個別に連絡の予定です。

 これからの手順としては、5月2日の月曜に、最終原稿を入稿、初校ゲラを出していただき、稿者の方は連休
中に校正をお願いします。その間、編集側としては、表紙・中表紙、などの選定、編集後記などを書いて脱稿
の予定です。ただ、どうしてももう少しお時間が欲しいという方には、連休明け5月9日までもできますが、一
部の方に限らせていただきます。

 ほんとに、いい雑誌ができました、ほ協力の皆さまに感謝申し上げます。
 今回は、前年の同人誌大賞を受けて、発行部数を増やすか、検討予定です(500部えお600部にするか)。
 
 

地の香り

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月27日(木)22時05分26秒
  どこかに出かけた時は控えめにその地の匂いを味わうのが好きです。
何か匂う訳ではありませんが、その地ならではの空気が、匂いの感覚と
同じく漂ってきます。

大歩危には何度か出かけましたが、昨年十一月、久し振りに出かけた
時に感じたこと。多くの人が生活していたはずですが、生活の匂いが
残滓となってしまったところの多いこと。昔は林業で栄えていましたが、
残っているのはわずか。山合の狭い畑では、外から見えないようタバコ
を栽培。富士正晴が生まれ育った郷里の眺めと香りだったのでしょう。

阿波池田とは違いますね。吉野川の対岸に渡ると祖谷渓になります。
観光地化で変わりましたが、山の人たちが今も生活を営んでいますから、
足を踏み入れる場合、礼儀は欠かせません。言うまでもないこと。

由岐ひろみ 祖谷の粉ひき唄
https://www.youtube.com/watch?v=RjeCUJEVu3c
 

ラオウの次はジャイアンでしょ!

 投稿者:坂井瑞穂  投稿日:2017年 4月27日(木)20時32分0秒
  横綱稀勢の里が新しい化粧まわしで土俵入りするようです。となると次の横綱はもっと注目される化粧まわしでやってほしいものです。ジャイアン(剛田武)はどうでしょう。太刀持ちにはドラえもんとノビタ、露払いにスネオと靜ちゃん。
話題性では昭和50年代の千代桜のパンダ、現役の佐田の海がつけているくまモンがいいです。
大関若島津は豹の目玉に大きなダイヤモンドをいれた化粧まわしをしていました。
 

山人と海人・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 4月27日(木)17時09分11秒
  ・山人と海人とを結ぶ町人の街・・・という民俗的捉え方面白いですね。阿波踊りの民俗的意味合いなど、突き詰めると面白い視野が見えてくるようです。  

学生の頃

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月26日(水)02時08分59秒
  阿波踊りを見たくなり、徳島に出かけたことがあります。

宇和島発9:24・予土線・窪川・土讃線経由の高松行き列車
がぴったり。周遊券を使っての帰省でしたから、急行自由席なら
交通費は必要なし。

窪川までは四万十川沿いに快速。窪川で中村からの急行列車と
連結し、急行「あしずり」になります。

高知と大歩危を通過しましたが、なぜか印象に残っていません。

阿波池田駅の待合室でぼけっと一時。お年寄りたちが賑やか。
言葉は少し違いますが、いい響きでした。

徳島線に乗り換え、吉野川沿いに東進。吉野川の眺めは良かった
ですね。徳島で下車したら、四国というより、関西に近い雰囲気
でした。

阿波踊りを見た後は真っ直ぐ帰宅。

まずは徳島駅で高徳線経由の高松行き急行列車に乗り込みます。
オジサン夫婦と相席。ちょうど満席。「どちらからですか?」
「宇和島からです」自分から話すのは得意ではありませんから、
高松までオジサン夫婦のお話をご相伴。楽しかったですね。

高松駅でひとり、ぼけっと待っていたら、0:30発の急行
「うわじま1号」が入線。缶コーヒーと伴に乗り込みましたが、
いつの間にか眠ってしまい、気がついたら八幡浜の次の双岩駅。
ここからは普通列車。缶コーヒーで目を覚まし、無事に帰宅。

勝手な空想ですが、もしかしたら阿波踊りは徳島城下ならでは
なのかもしれません。あの頃の阿波池田(今は三好市)。遠く
踊りの余波が届いてはいましたが、山人と海人をつなげる町人
の街、だったのかもしれません。
 

一年が過ぎ、次は二年。

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月24日(月)22時25分24秒
編集済
  今日は検査と診察でした。

特に何もなし。ともに笑顔。
「まずは一年。次は二年。」
「そうなんですよね。次の一年は大切。」
「そして三年。そして五年。」
次は五週間後。

意味不明気味な会話ですが、まあいいでしょう(苦笑)

追記:
散乱した内容を削除しましたが、整理して再掲。

なぜかこの動画を思い出します。

坂の上の雲 日本海海戦
https://www.youtube.com/watch?v=P5ze4-iFEL4

全身を巡るがん細胞たちの生きていく力より、私の身体の
回復力の方が、僅かですが上回っていただけなのでしょう。

どうなるかわかりませんが、いつかは、殲滅してしまった
がん細胞たちに弔いを手向けなくてはならないのでしょう。
 

ウグイスは子育ての季節

 投稿者:鎌田良知  投稿日:2017年 4月24日(月)16時55分27秒
編集済
  土倉さんからのリクエストにお応えして(微笑)

ウグイスはこれから子育ての季節に入ります。
成鳥は草むらや小枝の茂みに隠れて動きが早く、姿を見つけるのは
なかなかですが、巣だったばかりの幼鳥は割と姿を見せてくれます。

写真は昨年の五月半ば、巣立ったばかりのウグイスの幼鳥です。
カメラが風景用だったため、ズームが足りませんが、電線にとまって
鳴く練習をしているところ。逆光だったため、色はよくわかりません。

 

レンタル掲示板
/404