teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. パソコンクラッシュ(>_<)(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:383/8268 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『生命の実相』と「続堕落論」

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 3月21日(火)08時30分27秒
  通報 編集済
  ■『生命の実相』ですね。
一頃は町中の本屋にも並んでいた時期があったと思います。
エマーソンなど英米のスピリチュアリズムと、日本の神道や心霊主義をまぜたようなもの。
以前、「群系」本誌で、大正期の文学を特集しましたが、
近代合理主義への一つの批判であった大正生命主義という思潮があって、
そんな影響も、この辺りには流れ込んでいるかも知れません。
フロイトや、生の哲学の影響を受け、生命や無意識層をキーワードとする思想ですね。

               *

■このような思想を、個人で心情的に信仰するのは、別に良いと思います。
ただ、問題なのは、
他者を使役するために「個の否定」を解くところですね。
しかも、かならずヒエラルキー的な特権層が中心部にいて、自分達をその価値観の上位におく。
彼らは自分たちは、「駒」にはならず、神輿かつぎや、司祭としての権益を独占する。
「天皇」は、この特権層の権力を増幅させるその光源として、「神/無限」化させられる。
それは、天皇ご自身の意志ではない。
~だから安倍晋三は、普段みせかけている姿と裏腹に、
被災地で住民に語り掛ける天皇のポーズの物まねなんかが、できるわけです。

■この権力のメカニズムは、坂口安吾が『続堕落論』で解析している通りですね。
ここでまた「大審問官」の問題(…笑)が出てくる。
自分たちをその思想のマトリックスの枠内には入れずに
(超法規的な例外として暗黙の位置を認めさせ)
思想やイリュージョンを使って、多数者を支配管理し、搾取するという構図ですね。



坂口安吾『続堕落論』
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42619_21409.html


 
 
》記事一覧表示

新着順:383/8268 《前のページ | 次のページ》
/8268