teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


KIT同窓会

 投稿者:白尾三樹  投稿日:2018年 5月14日(月)15時15分3秒
返信・引用
  福井さん 同窓会の報告有難うございます。35年生の代表としてご出席感謝いたします。  
 

KIT近畿支部同窓会・セミナー 3

 投稿者:福井  投稿日:2018年 5月12日(土)20時11分0秒
返信・引用
  写真続き
懇親会風景
 

KIT近畿支部同窓会・セミナー 2

 投稿者:福井  投稿日:2018年 5月12日(土)20時09分20秒
返信・引用
  写真続き
日阪製作所関連
 

KIT近畿支部同窓会・セミナ ー

 投稿者:福井  投稿日:2018年 5月12日(土)20時05分51秒
返信・引用 編集済
  今日は、KITの近畿支部同窓会に出席してきました。
議題:1.活動報告  2.森迫学長挨拶 3.セミナー 4.懇親会
会場は、60周年記念館。

学長は、建築工芸科大学院卒で本年4月に着任したばかり。

今回のセミナーは、(株)日阪製作所社長の講演
日阪製作所は、国内唯一の各種染色機製造販売、熱交換器、ボールバルブ、プロセスエンジニアリングの製造販売。

久しぶりにセミナーを聴いた。
会場では、前川さんに、久しぶりに会うことができた、大変元気な様子だった。
懇親会も隣同士の席で、いろいろ話ができて良かった。
参加者最高齢者は、92歳、次いで88歳、皆さん若い、とてもその年には見えない。人生を楽しんでらっしゃるようで頼もしい限り。見習わなくては。

今回の参加は、41名だった。

写真は、大学東門前の記念塔、会場の記念館、森迫学長の挨拶、日阪製作所社長竹下氏講演、懇親会風景。

 

KIT近畿支部同窓会・セミナ ー3

 投稿者:福井  投稿日:2018年 5月12日(土)18時08分42秒
返信・引用
  写真続き  

雉の鳴き声

 投稿者:白尾三樹  投稿日:2018年 5月 8日(火)17時45分28秒
返信・引用
  川本さんつくばの自然をお伝えいただき有難うございます。  

雉の鳴き声

 投稿者:川本昇司  投稿日:2018年 5月 5日(土)12時02分10秒
返信・引用
  わが家の近くでは、4月中頃から鶯の鳴き声と共に雉の鳴き声も聞えてきます。
あぜ道を歩いていると遠くにその姿を見かけるものですから、ひとつ、写真を撮ってみようと頑張ったのですが、装備不十分のためもあり、雉の警戒心には勝てません。
やむなく、米粒のようなその姿をトリミングし、拡大しました。
つくばには、まだ、自然も残っています。何か機会がありましたらお立ち寄りください。

 

 投稿者:加宮  投稿日:2018年 2月 1日(木)19時17分41秒
返信・引用
  映像2  

新年会

 投稿者:加宮  投稿日:2018年 2月 1日(木)19時13分34秒
返信・引用
  1月29日(月)関東珊瑚会新年会が開催されました 参加者;6名
浅草芸能ホールで11:30から4:30まで硬い椅子にお尻の痛さを耐えながら落語が主体の関東芸能を堪能しました

その日の夕方は非常に寒かったので浅草寺は外側からお参りして早々に雷門近くの何時もの神谷バーに逃げ込み7時過ぎまで電気ブランを飲みながら歓談を満喫しました
その日の様子は百聞は一見に如かずといいますので 坂下カメラマンの映像でご想像ください
 

白尾カメラマン

 投稿者:加宮  投稿日:2018年 2月 1日(木)17時12分54秒
返信・引用 編集済
  白尾常任幹事さん
 今回も大変お世話になりました
 有難うございました
 

きのこ・いろいろ

 投稿者:川本昇司  投稿日:2017年11月 6日(月)11時59分51秒
返信・引用
  秋ですね。みなさん、いかがお過ごしですか。
私の住むつくばは筑波万博までは広大な森林だったそうで、その名残が数々の公園や遊歩道、国の研究機構の敷地に見られます。
その為、道端にも、いろいろなきのこが自生しているのです。
先日、[カニの爪]と呼ばれるきのこを見付けました。このきのこの外見はタバラガニの爪とそっくりです。名前も知らないきのこの写真も合わせて添付しますのでご覧ください。
川本昇司
追記:先日の東西合同珊瑚会in宇奈月に加宮さんが欠席されましたので、本掲示板への投稿がありません。記録を残すため、どなたか投稿していただけませんか。
 

転宅の第1報

 投稿者:加宮  投稿日:2017年 4月18日(火)13時04分3秒
返信・引用 編集済
  白尾さん早速、お祝いの言葉有難うございます


二年近くwaitingしていたグランクレール藤が丘208号室にやっと入居出来て丁度1週間になりました
サービスの良い老人ホームです
独身の女性が多く夫婦者は少なく我々より若い人は少ないようです
全部で80室です
家具は3分の1以下のスリムで入居しましたが若い時の転宅と違い2人共前後の2週間はクタクタになりました
共用設備が多くて今のところ住み心地は良いようです
たまたまボーリング時に茶褐色の温泉がでたそうで毎日寝る前に温泉を楽しんでいます
外部との交流を保ちボケないようにしたいと思っています

208号室電話番号 050-5535-2740
email 当分の間  kamiya3641@gmail.com
 

加宮さんの転居

 投稿者:白尾三樹  投稿日:2017年 4月16日(日)10時54分34秒
返信・引用
  加宮さん新居への転宅おめでとうございます。珊瑚会の皆さんに転宅のいきさつ、住み心地を
皆さんに話してください。
 

切り絵

 投稿者:秋山晃三  投稿日:2017年 2月 1日(水)12時14分47秒
返信・引用
  加宮さんの投稿で、1/26(木)の「関東珊瑚会」の様子、お分りかと思います。皆さんと一緒に
座っていた浅草演芸ホールのかぶりつきで、私は林家正楽師匠の「切り絵」をゲットしました。
それを、ここに添付しますのでご覧ください。2017.2.1.秋山晃三
 

ご連絡

 投稿者:福井  投稿日:2017年 1月29日(日)19時05分36秒
返信・引用
  美人親子と宴会。いいですね。一体、どういう関係? ミステリアス???

珊瑚会の秋の計画、このスケジュールなら、2泊は必要と思いますが。1泊は、厳しいと思いますよ。まぁ、選択制にしたらいいでしょうね。

関西メンバーにも、メールで貴記事を添付できないか検討してみます。


 

関東珊瑚会

 投稿者:白尾三樹  投稿日:2017年 1月29日(日)17時17分42秒
返信・引用
  加宮さん掲示板へのアップ有難うございます。福井さん以外の関西珊瑚会の皆さんが見てくれればうれしいですね。  

新年会

 投稿者:加宮  投稿日:2017年 1月29日(日)16時45分31秒
返信・引用 編集済
  追加写真②
 

新年会

 投稿者:加宮  投稿日:2017年 1月29日(日)16時30分4秒
返信・引用 編集済
  追加写真  

関東珊瑚会の新年会(2017年)

 投稿者:加宮  投稿日:2017年 1月29日(日)16時26分11秒
返信・引用 編集済
  昨年と同じ内容で関東珊瑚会の新年会を開催しました
チョット違っていたのは去年神谷バーの前でシャッターを押して貰った美人母娘が不思議な奇縁で
神谷バーで合流した事です

出席者も昨年より2名多い8名/10名中でした

11時に浅草演芸場に集まり超満員の小屋の舞台の真下のかぶりつきで硬い椅子で首筋を痛めながら中身はなかなか面白い庶民的な落語、漫才、曲芸、手品、紙切りを堪能しました

4時半過ぎから近くの浅草寺にお参りして雷門の右手にある徳川無声でも有名な神谷バーで

5時過ぎにかの母娘と合流しました
7時半過ぎまで異世代交流をエンジョイしました(ちなみに娘さんの祖父母は80歳)

以上の楽しいひと時の様子は添付写真でご想像ください


今年の合同珊瑚会の話も秋山さんから皆さんのアンケートの中間報告がありましたが
79、80歳超えた身には2泊3日の旅行はキツイとの事でした
計画の再検討が必要でその為5月の催行は無理で10月以降になるかな?
いずれにしても金沢の三宅幹事の代行で秋山さんからアンケートが行くと思います
関西珊瑚会、他の皆様のご意見を当掲示板、秋山さんのメールに是非お寄せください
 

新年のご挨拶

 投稿者:加宮  投稿日:2017年 1月 1日(日)14時56分49秒
返信・引用
  珊瑚会の皆様、明けましておめでとう御座います
小生12月に傘寿を迎えましたが今年もよろしくお願いします。

東京珊瑚会の皆様、1月26日の新年会には出席いたします
白尾常任幹事さん返事が遅くなり申し訳ありません。

横浜市青葉区から見た初日の出です
 

関東珊瑚会

 投稿者:加宮  投稿日:2016年 9月 6日(火)18時38分53秒
返信・引用
  昨日(9月5日)何時ものように日本橋のうすけぼ~で12~14時過ぎまで関東珊瑚会を開催しました
病気療養中の二人を除く八名が元気よく出席しました

次回の合同珊瑚会は西伊豆で話にでたように黒部ダム、トロッコ電車、宇奈月温泉方面になるだろう
と話し合いました
そうなると主役幹事は本人も納得してた?ように三宅弘訓さんにお願いすることになります
無論、東西珊瑚会のメンバーも協力を惜しまないと思います

時期は来年4月後半がどうかとの意見が出ました

関西珊瑚会の皆様のご意見をお待ちしております
 

合同珊瑚会 i n 西伊豆

 投稿者:加宮  投稿日:2016年 6月18日(土)20時00分55秒
返信・引用
  秋山名幹事のもと関東珊瑚会主催の合同珊瑚会が天候にも恵まれてつつがなく終わった事
嬉しく思います
坂下さん編集の懐かしい写真集がネットから見られる事も良い思い出になります

この掲示板はフリーなので個人の写真を遠慮していますが(私個人は問題にしていませんが)
皆さんが合意して簡単なパスワードを設定すれば合同写真なども投稿したいと思います

私のスマホの写真は解像度が悪いですが拡大すれば電信柱の右にうす曇りの中富士山がかすかに見えます
 

Re: 桂離宮

 投稿者:福井  投稿日:2016年 6月13日(月)15時42分2秒
返信・引用
  > No.193[元記事へ]

白尾三樹さんへのお返事です。

> 福井さん
>   桂離宮の見学記興味深く拝見しました。
>   学生時代に裏口入門で桂離宮、修学院離宮(ここは2度行きました)、京都御所に行ったことを
>   思い出しました。

白尾さん

コメントありがとうございます。

白尾さん、学生時代に、3か所とも手ぬかりなく行かれたとは、流石や。
私は、修学院は、母と学生の会で行きました。桂離宮だけは、長年の夢でしたが、やっと今回実現できて喜んでます。
 

お世話になりました。

 投稿者:三宅 弘之  投稿日:2016年 6月11日(土)14時02分8秒
返信・引用
  皆さん、昨日、一昨日の土肥温泉での同窓会、大変お世話になりました。
三島での待ち時間、帰りの静岡駅への到着時間で迷惑をかけました。
行けば何とかなると少し世の中を甘く見ていました。三島で会えなかったらその夜は天城山中を
一人徘徊していたかもしれません。参加できなかった人には申し訳ないのですが、
とにかく皆さん元気でバイタリティにあふれていることに驚きました。
松山の田舎で一人ひっそりと真面目に生息している私はいったいなんなんだと感じています。
昨夜は23時に帰着、さすがに疲れましたが、予想外の暑さ、蒸し暑さが一因だったとも感じています。
本日はさっそく畑へ行き、リンゴのように丸くて黄色いズッキーニを10個ほど収穫しました。
細々と畑作業を続けています。
次回のことは確約できませんが、目の調子が良くて参加できればいいなと考えています。
ではお元気でご活躍ください。  松山 三宅 弘之


 

桂離宮

 投稿者:白尾三樹  投稿日:2016年 6月 8日(水)23時05分8秒
返信・引用
  福井さん
  桂離宮の見学記興味深く拝見しました。
  学生時代に裏口入門で桂離宮、修学院離宮(ここは2度行きました)、京都御所に行ったことを
  思い出しました。
 

桂離宮見学(第5報)最終

 投稿者:福井  投稿日:2016年 5月25日(水)21時33分59秒
返信・引用
  古書院の近くに、この月波楼がある。
正面を入ると、広い土間があり、その右手に部屋がある。
そこから、月を眺められるようになっている。
また、池も眺められるように見晴らしもいい。

左手の奥の部屋は、池は隠れて見えない趣向にしてあって、山が見えるようにしてある。

客人を楽しませるように趣向が凝ってる。

最後に、入門した入口近くに戻ってきた。
ここに、また仕掛けが。

訪れた客人が、すぐに、庭園を見渡すと、その後の魅力が、無くなるので、わざわざ道の奥に1本の松が植えられて、見えないようになっている。

これは、隠しの松と言われている。

ここにも主人の、きめ細かな、おもてなし精神がうかがえる。


桂離宮の素晴らしさを堪能することができて、今回の見学は、大変良かった。

一つ気がかりだったのは、外国人の方も見学に来ておられ、私たちのグループにもおられたが、折角、詳しく、説明を案内者の人がしていても、日本語だけでは、分らないので、如何してるんだろうか。

美術館にあるようなイヤホンで、同時にいろいろな外国語で聴けるようにしてあげたら、一層理解が深まり、喜ばれるだろうなと思った。

これで、桂離宮見学の日記は終わります。

最後までお付き合いありがとうございました。
 

桂離宮見学(第4報)

 投稿者:福井  投稿日:2016年 5月25日(水)21時28分30秒
返信・引用
  田舎風の茶室 笑意軒には、池の方から舟でもいけるように舟着場まで,設けられている。

なんと憎い設計。

更に、小山を上り、下ると、突然、目の前が開けて、書院群が広がる。

桂離宮の中枢をなす書院群は、古書院、中書院、楽器の間、新御殿の4ブロックになっており、雁行型という造り方で、雁が隊列を組んで空を飛んでいくあの姿を模している。この形によって、どの部屋も風通しがよく、夏は涼しく、またどの部屋にも日が当たるので、冬は暖かい。

なんと行き届いた、心憎い設計だ。

京都の気候を知り尽くした設計になっている。

古書院には、月見台が池に向かって張り出していて、ここに座って眺めると、苑内の主要な景観が、一望できるようになっている。

更に、丁度向かいの松琴亭の奥から昇る名月を鑑賞できる設計になっている。

美酒に酔いながら、名月を鑑賞する、自然と和歌の1首も詠まれようというもの。

奥からは、琴の音が聞こえてくることだろう。

なんと優美な、雅なこと。
 

桂離宮見学(第3報)

 投稿者:福井  投稿日:2016年 5月25日(水)19時58分51秒
返信・引用
  賞花亭から園林堂へ。そこから見える庭園風景。

辺りの庭園風景が、ほんと素晴らしい。
 

桂離宮見学(第1報)

 投稿者:福井  投稿日:2016年 5月25日(水)19時47分48秒
返信・引用
  長年の夢だった桂離宮見学の予約が取れて、やっと見学が実現した。

昔は、葉書で、見学を宮内庁に申し込み、忘れたころに返事が来るという気の長いシステムで、なかなか行く機会が作れなかった。

最近は、インターネットで、見学申し込みができ、すぐに、返事が返ってくる、なんと便利になったことか。

長生きはするもんだな。

さて、快晴のお天気の下、もう真夏日の暑さに耐えながら、約1時間の見学。

専門のガイドさんが、丁寧に解説しながらの見学で、非常に分かりやすく、一層離宮の素晴らしさを知ることができた。

まず、入門口の前にある老木。
写真で分かる通り、もう元の幹は、中身がなく、まるでミイラ状態。
にも拘らず、その先は、太い元気な幹で、先の枝は、空に向かって、堂々と大きく広がっている。

なんとたくましい老木よ。

圧倒されました。

定刻になり開門、いよいよ中へ。

控室で、テレビで離宮の概要紹介があり、予備知識を得る。
それが、終わると、いよいよ見学に出発。

2枚目は、巧みに遠近法を取り入れた造りで、灯篭が、普通より小さく作ってあり、道も先へ行くほど細くなっている。
見る者には、凄く遠くの方に灯篭があるように見える。
奥行を深く見せる仕掛けが、なされている。

3枚目は、天橋立を想わせる石造り。

回遊式庭園の周囲を歩きながら、刻々替わる素晴らしい風景に、ただただ感嘆するのみ。

さあて、次はどんな風景が待ってるのでしょうか。
 

桂離宮見学 (第2報)

 投稿者:福井  投稿日:2016年 5月25日(水)19時43分55秒
返信・引用
  京都検定によく出題される松琴亭。

松琴亭は、桂離宮の中で、もっとも格の高い茅葺入母屋造りの茶室です。

周囲の風景によくマッチした構図で、建てらている茶室。中の襖絵の柄が、石松模様で斬新なアイディアを大胆に取り入れられている。

3枚目の写真は、松琴亭から見えた天橋立を想像させるように造られた石の造形美。

素晴らしい庭園。
 

レンタル掲示板
/8