teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:75/1902 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

富澤松園 旅硯九重日記

 投稿者:鈴木三樹三郎@日野新  投稿日:2013年 6月15日(土)22時20分22秒
  通報 返信・引用
  6月12日の講演会(日野宿交流館)に参加して
多摩市教育委員会の山崎氏のお話を伺ってきました。

元治元年一月三日から、将軍家茂の上洛に際して、連光寺村の知行主、旗本、天野氏が御書院番六番組番頭、柴田能登守の組下として上洛の折、天野家の用人格として随行した時に、道中の情勢や、京での、近藤、土方、井上らとの交友などを記したものが、『旅硯九重日記』です。

京での、旧知の近藤や土方、井上、沖田等と祇園等で交歓した様子や、一緒に花見をしたり、何度も会っている様子がうかがえます。

四月十三日には、いわゆる任務を終了して、江戸へ帰るのですが、その際にも、土方、井上両士は、なごり惜しく、
伏見まで見送りについて行くと、この日記にはあります。

ほんの約二ヶ月後が、池田屋なのです。

その当時の新選組の面々の様子が伝わってくる気がします。

遠く江戸から京まで行った彼らを、あらためて
とても身近に感じる『旅硯九重日記』でした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:75/1902 《前のページ | 次のページ》
/1902