teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 大阪超高級AV女優モデル在籍照デリバリーヘルスGolmari(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


沖縄 写真

 投稿者:photoflowery  投稿日:2010年 8月14日(土)09時01分15秒
 

沖縄 写真ならPhotoflowerに是非遊びにいらして下さい。沖縄の風景写真や沖縄で活動するインディーズバンドなどの写真をご紹介してます。

http://www.photoflowery.com/

 
 

豪華客船入港

 投稿者:寿@調教師  投稿日:2010年 4月24日(土)05時27分53秒
  DIAMOND PRINCESS  115,875.00 t
  入港予定  バーミューダ(イギリス)  客船
キールン(基隆)発 シャンハイ(上海)着
04/25 12:00  入港
04/25 19:00  出港

ふ じ 丸  23,235.00 t
   日本  客船  内航


04/24 07:00 入港
04/25 20:00  出港
  泊ふ頭8号岸壁
 

【流.失動画】眞鍋かをりトラブル続出中!!

 投稿者:【流.失動画】眞鍋かをり  投稿日:2010年 4月19日(月)09時49分31秒
  【流.失動画】眞鍋かをりトラブル続出中!!


所属事務所と泥沼状況の眞鍋かをり。週刊誌に脱税をリークされ、もはやファンすら見放されている状況。





眞鍋かをりといえば、お笑い芸人の麒麟の川島と半同棲しているとか・・・
過去には色々な流失がありました。

http://manabekawori331.blogspot.com/

 

ガソリンスタンドで

 投稿者:  投稿日:2010年 2月19日(金)17時10分34秒
  今から3年前にあった事ですが、ママさんバレーのグループがガソリンを入れに来て店員がレギュラーですかと言ったのですが運転をした人が補欠ですとアホ人間が居て今でも飲み会をやるといつもその話題が今でも出てる。

ついでにある某高校学校のアホクラスでダブリの奴が居て、国語時間に教科書を読ませたれ『ぼくは(僕は)の所をこのダブリの奴は(ボ・ク・ハ)と読んだ!=その時みんな大笑いしたら奴が次の日から来なくなったよ!けして、いじめではない!!!
 

閑話休題

 投稿者:純@LA  投稿日:2009年11月20日(金)08時58分10秒
  笑い話のような、実際に有った話です。
リムジン仲間の友人が、10数年前(日本のバブル時期)にロスのホテルでビジネスマン風日本人数人に声をかけられて
「サンフランシスコまでいくら?」と尋ねられたそうなんです。
会社のリムジンではなんともなりませんが、自営業の彼はガソリン代や彼の日当、サンフランシスコからの回送の料金などをドンブリ勘定して
「うーん・・・急な話だけど特に明日の予定も無いし、$1,200なら行っても良いよ・・・」と答えたそうです。

500マイル(PPMの500マイルはSF-LA間の歌、約東京ー青森間)の距離を数回休憩しただけで食事も取らずに一気に走りサンフランシスコのホテルへ到着
(お客さんはあまり英語に自信が無かったようで、日本食レストランがあるサンフランシスコに着くまでレストランへ寄るのは避けてたようです)

ホテルに着いて、ビジネスマン風日本人の一人が「Thank you」と言って握手しながら「え~と・・・$1,200だよね?」と言いながら財布を開けて$100札を12枚・・・・。
「ありがとうございました。良い旅を・・・」と言って次のお客さんと握手をすると、
「トラベラーズ・チェック OK ?」と次の人に12枚のトラベラーズ・チェックを渡されて、握手・・・。
次から次と(6人)、「はい、$1,200」と全員から$1,200を渡されて、友人は目が真ん丸・・・・。

サンフランシスコまでのチャーター料金+サンフランシスコからの回送料金/リムジン一台=$1,200という事だったんですが、お客さんは一人$1,200と勘違いしたらしく・・・・
いやぁ、友人は思わぬ大量チップ(500%のチップ)に大喜びで、徹夜で日帰りするつもりがサンフランシスコで一泊して帰ってきたとか・・・(笑)

確かに、観光地サンフランシスコで日本人がウロウロしていると、「一人$50で観光どう?」とか「ホテルまで一人$20でどう?」なんて声をかけてくる違法リモがいるんですが・・・・
(リムジン事業免許は、『貸切』旅客運送業免許なので、タクシーのように道端で客を拾ったり、バスのように一人ずつ料金を取って乗せるのは違法なんです)
 

(無題)

 投稿者:あっちこっち  投稿日:2009年11月19日(木)19時15分22秒
編集済
  >千歳から層雲峡、知床、摩周湖・・・あれっ?摩周湖へ行ってから知床じゃなくてですか?

よく覚えてないんです(苦笑)
たぶん、原生花園を見てから、摩周湖だったと思います。

夕張は、3日目に通過しましたね。
人生で、こんなにタクシーに乗った経験は今後もないでしょう。

>しかも高速はなくて交通量は少ないとは言え峠道ですし・・・

北海道名物?自衛隊の移動にも遭遇しました。
峠道でしたが、順次、道を譲ってくれて先に行かせてくれたように記憶してます。

>到着数に応じて大型バスやマイクロバス、10人乗り位のバン、キャデラックと、いろいろなタイプの車で対応していたようです。

キャデラックだったら、超ラッキーなんでしょうね?
私の場合、空港に迎えに来てくれたのは、黒塗りのタクシーでした。
 

知床、摩周湖 !!!!

 投稿者:純@LA  投稿日:2009年11月18日(水)20時05分45秒
編集済
  ひえぇ・・・・!
千歳から層雲峡、知床、摩周湖・・・あれっ?摩周湖へ行ってから知床じゃなくてですか?
千歳から夕張、層雲峡を抜けて旭川へ出て層雲峡、北見方面へ向かって・・・・それだと距離が・・・・
それとも千歳からいきなり旭川を抜けて層雲峡から北見経由で一気に知床へ行って、戻りながら摩周湖経由で釧路へ抜けて・・・・・
いやぁ・・・それにしても3日の行程では相当な強行軍でしたねぇ・・・
それを全てタクシーで・・・・そりゃ10万円じゃとても収まらないですよ・・・(メーターが)17万円でも少ないかも・・・。
(道産子の僕は結構そのルートを何度か走った経験がありますが・・・・3日は結構きついかも・・・札幌から旭川でも140キロ位で層雲峡ならもっと・・・釧路までは350キロほど・・・・しかも高速はなくて交通量は少ないとは言え峠道ですし・・・)

その昔、ロスが日本人観光客で賑わっていた頃(今も観光客は居ると思うのですが、昔のようにロス空港やハリウッド・サンタモニカ辺りに、日本人団体のバスが次から次と日に何十台も・・・という事は無くなりました)
地元の旅行会社は、その日の到着数に応じて大型バスやマイクロバス、10人乗り位のバン、キャデラックと、いろいろなタイプの車で対応していたようです。
たまたまその日、その便で到着したのが2人だけだったので専用キャデラックでガイドさんが観光してくれるか、全て新婚さんばかり20組が同じバスに乗って観光するかは、全くその日の運だったようです。
(下衆な僕は「回りもみんなハネムーンだと目移りとかしないのなかなぁ・・・」とか余計な事を考えたりしましたけど)

そりゃもう、当時のガイドさんたちは朝お客さんをホテルから空港へ送って、昼はサンフランシスコから到着するお客さんを迎えて観光し、夕方車を乗り換えて新婚さんのロマンチック夜景とディナーの案内をして、翌朝は別のグループをラスベガスへ送り出して・・・・と休み無しで毎日15時間位働いていたみたいです。

僕が数十年前に初めて沖縄へ行った時には、一応全日空のツアーだった(はず)なんですが、空港からホテル(今は無き中城のヒルトン)まで「勝手にタクシーで行ってください」で、ホテルのチェックインも「封筒の中のこの宿泊券をフロントに渡してください」で、帰りはヒルトンの送迎バスだったような気がします。
あれって確かツアーだったはずなんですが・・・・
一日だけ、ホテルに全日空のバスが来てあちこちのホテルを回って、全員日本人でムーン・ビーチへ送迎してくれた日がありました。
その時に58号線を走るバスの中から、初めてフェンスの向こうに海兵隊基地を見たのを今でも覚えています。
(16号線沿線でフェンスの向こうに『空軍基地』は見た事があったのですが、初めて見る『海兵隊基地』はインパクトが大きかったです)
それから何年か経って2度目に沖縄へ行った時、今度は自分が海兵隊基地の中に居てフェンスの向こうで58号線を走る全日空のバスを見かけた時、なんとも言えない不思議な感覚を覚えました。
 

(無題)

 投稿者:あっちこっち  投稿日:2009年11月17日(火)14時01分36秒
  一昔前なので、料金については、記憶があいまいです、、、間違ってるかもしれません、、
メーターで、10万円は超えてましたね。

千歳→層雲峡→知床→摩周湖、、、、3日間ほとんど移動でした。

>御二人のお客さんに大型バスを出すよりは安上がりだった事は確かと思いますが・

過去に、西表島ツアーで、大型観光バスに、6人ってのも経験しました。
その他、夏場の観光地の定期観光バスでは、何度か似たような経験があります。

ある意味こちらのほうがリッチだったような気がします。
 

ありあけ座礁

 投稿者:純@LA  投稿日:2009年11月13日(金)12時10分30秒
編集済
  晴海発那覇行きフェリーありあけが三重県沖で座礁してしまいましたね。

報道によると、乗用車・トラック・トレーラーなど80台にも関わらず乗客は7名・・・・?
この発表の『乗客』というのは、『乗客としての切符を買った人』の事で、車の乗船券を買って車で乗り込んだ人は含まれて居ないのでしょうね。
じゃなければ、車だけ積み込んで運転手はフェリーから降りたという事になってしまいます。
トレーラーなら有り得ますが・・・・。
(貨物の料金は重さじゃなくて長さなので、トレーラーは固定した後で頭を切り離して下船し、到着地で現地支社(あるいは契約会社)の頭が乗り込んでトレーラーと結合して配送という形が多いんです)

いくら観光のオフ・シーズンとは言え、積載自動車が80台で乗客7名って事は考えられないですもんね。

もし(縁起でもないですが)、転覆して負傷者・不明者などが出た場合は、乗客7名のうち救助者55名、不明40名とかって不思議な数字になるのでしょうね。
 

チップ

 投稿者:純@LA  投稿日:2009年11月12日(木)07時09分33秒
編集済
  千歳からタクシー3日間貸切って・・・豪勢でしたねぇ・・。
ホテル・飛行機・陸上移動費全て込みで9万円って安いですよね?
もっとも、千歳ー札幌ー千歳 だったのか、千歳ー富良野ー旭川 とか洞爺湖ー駒ケ岳 とかで変わってくるとは思いますが(でもタクシーメーターは総額で17万でしたっけ)

その場合、旅行会社からタクシー会社にどのような契約(支払い)になっていたのかの方が気になってしまいました。
もっとも、御二人のお客さんに大型バスを出すよりは安上がりだった事は確かと思いますが・・・・

毎晩¥1,000x2日、最終日に¥3,000円って事は総額¥5,000円になりますよね。
僕の場合は3日間のトータルで最終日に¥1,000円だったんです。(リムジンとタクシーの相場の違いも・・・)
しかもそれが世界に名だたる某有名企業の代表取締役に付き添いの秘書から・・・・。
つまり、世界中に支社のある企業なので、訪問国での文化や相場は、社長は知らなくとも秘書課にはマニアル化してあるはず(べき)だと思うんですよ。
(多分ニューギニアの秘境でも社名は知れ渡っているだろうと思われる日系企業で、自動車系ではありません)

実はこの会社の先代社長の時に友人がお乗せしたんですが、訪問先やランチ・買い物など、とにかく車を降りる度に同行の男性社員(秘書の同行は無かったようです)から、「これで食事でもして待ってて下さい」と毎回$20渡されたそうです。
多い日は1日に5回ほど乗り降り(待機)が有ったらしく、「何か食えったって、そんなに何度も食えねえよ・・・」と笑っていました。
待ち時間に「何か食べて待ってて下さい」と$20くれるのだから一日の終わりには・・・・と期待していたらホテル帰着時にはチップはもらえなかったそうなんです。
「日本の風習って、待ち時間に食う為にチップを渡すのか?」と本気で尋ねられました。
これ同じ会社ですから、いまや米国企業とも言えるような国際日系企業でも現地訪問時の事は特にマニアル化はされていないんでしょうね。
実はこの企業、数年前に交代した今の社長も一晩だけお乗せした事があるのですが、同行の男性社員(多分本社部長クラス)、女性秘書、アメリカ人の社員通訳・・・誰もチップはくれませんでした。

17万円だと、ウチの正規料金だと13時間になります。
ただ3日に分けて、5時間+5時間+3時間だと17万円より高くなってしまいます。

「チップを受け取ってはいけない」という会社の規定は、もしかすると法(労基法あたり)に抵触するかも知れませんが(チップを受け取る事を強制的に拒否させる事が)、まぁ内規で「・・・ようにするのが望ましい」程度ならあり得ると思います。
ただ、内規でそうなっている場合は握手の中に札があったら「社内規則で・・」と返すのが正しいと思います。
たまに、発注先から「乗客は取引先(あるいは自分の両親など)なので、乗客から一切の料金やチップを受け取らないで下さい」と指示がある事があります。
チップを渡そうとする乗客にそれを告げて断ると、「まぁ、まぁそう言わずに・・・」とポケットへ押し込まれるのですが、それを出して返すのは失礼なのでそのままにしておきます。
前に勤めていた会社では、チップを受け取る時には必ず「サービス料は含まれていますので、こちらはExtraとして頂いてよろしいのでしょうか?」と告げる事を内規していました。
勿論、一旦出した札を「サービス料は含まれてるの?あっそう・・・」と引っ込める人は居なかったですが・・・。

厳密には、カリフォルニア労基法では、「チップ」と「サービス料」は別のものとして規定しているんです。
「チップ」は顧客が任意の額を渡すもので、全額が受け取った労働者の物(会社はチップに全く手を触れてはいけない)
「サービス料」は顧客と会社との間で契約上で規定した料金で、企業が自由に運用して構わない(労働者に100%渡しても、会社が100%収入として運用してもOK)

ベルマンのチップって、荷物一個に付き$1が相場と言われてますけど、一個だけだから$1って訳には行かないので多分$3~$5位じゃないでしょうか・・・。

僕が一番多いチップを貰ったのは、ビバリーヒルズ・ホテル(ホテル・カリフォルニア)のVIPリストの常連客を、ご夫婦でサンタモニカに買い物、一旦ホテルに帰ってきて着替えてから10分ほどの距離のレストランで夕食で7~8時間のチャーター。
とても気さくでフレンドリーなご夫婦で、最後に「ありがとうね」と札を数枚手渡されたんです。
夜で見えないのでそのままポケットへしまって(手触りや相場から、20ドル札を数枚、合計$100~$200と思っていました)後で車の中を片付けながら取り出したら・・・・100ドル札が9枚+20ドル札、10ドル札が数枚ありました。

あと記憶に残っているのは、ペニンシュラ・ホテルからのオーダーで若いヨーロッパ系カップルを買い物に連れて行き「明日の朝の早い便で帰るから・・・」ということで空港そばのマリオットにチェックインしたんです。
ポケットからくしゃくしゃに丸まったドル紙幣を団子状態で取り出して、「えーと・・・えーと・・・」と言いながら、1ドル札や5ドル札を(渡さないように)より分けて・・・しまいに「まぁ、良いや・・・これ全部受け取って・・・」と札の団子を全部渡されたんです。
僕の目には1ドル札や5ドル札しか見えていなかったので、全部合わせてもせいぜい20~30ドルだろうなと思っていたんですが・・・・札の団子を開いて一枚ずつ広げてみると100ドル札や50ドル札もくしゃくしゃで混じっていて、合計350ドルを越えていました。(合計4~5時間の買い物と夕食でした)
気さくなヨーロッパ系の若いカップルでしたけど、考えてみたらペニンシュラ・ホテルからのオーダーだったという事を忘れていました。
 

レンタル掲示板
/87